FC2ブログ
コンテントヘッダー

パパの出番??

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

パパの出番

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
コンテントヘッダー

消防車見学


さて、実習が終わると
次はちびっこたちのご褒美タイム。

消防車見学です。

お願いしたところ、
快く了承してもらったばかりか、

「はーい、じゃあ消防車を見に行きたいお友達!
手をあげて」

今年の消防士さんたちは
ちびっこたちの心をつかむしゃべり方を心得てらっしゃるなあ
とビックリ。

当然「はーい
と手をあげる子どもたち。

「それじゃあ、一つだけ約束をしてください。
お母さんから離れないこと。」

「はぁい!」

元気よく一番に返事して、
「やったあ!やったあ!」
と部屋を走り回り、一番に部屋を飛び出すあきちゃん。

目立ちすぎて、
ママは恥ずかしかったですが、
そんなことにはかまわないあきちゃん。

「ママ!早く行こうよ!
おいていかれちゃうよ。」

いや、君消防士さんより先に部屋を出てますから

しかし、
下に降りて、
いざ消防車に乗せてもらえる段になると
なぜかいきなり用心深くなり、
一番はお友達にゆずるあきちゃん。


他の子が乗って、
どんなことをするか確認した上で
「次はあっちゃん!」

何も考えてなさそうなのに
意外と計算高い…


帽子が重たいからなのか、
目がいつも以上に小さいあきちゃん。

「あっちゃん、目開けてた?」
とつい言ったら
他のママたちに
「大丈夫!あけてた、あけてた!」
と笑われてしまいました。

最後にお礼を言うとき、
ちびっこたちが
「ありがとうございました。」
と小さい頭を並んで下げる姿は
可愛かったなぁ


消防士さんたち、
にこにこしながら颯爽と消防車に
乗り込み
帰っていきました。












コンテントヘッダー

小児救急実習



今日はサークルでした。
消防士さんたちにきていただき、
小児救急をレクチャーしてもらいました

毎年、
やっていただいているんだけど、
忘れてます。

しかも見るとやるとでは大違い。

みてると「ふんふん」とわかった気になってるのに、
やってみると
「あれ?えっと…次何だっけ?」
てな感じ。

私の拙いブログを読んでくださる方にも
小さいお子さんが多いので、
復習したいと思います

子どもが倒れてるのを発見。
「子どもが倒れています!
集まってください!」
と助けをよぶ。
きてくれたひとに
「あなた119番通報お願いします。
あなたはAEDを持ってきて。」
と指示。

次に呼吸の確認。
胸に手をあて、
横からみると確認しやすい。

呼吸なし!
乳首と乳首を結ぶ線の真ん中らへんに手のひらをあて、
リズミカルに三十回おす。
人差し指と中指を顎のしたにあてて、
気道確保。
相手の鼻をつまんで人工呼吸を二回!


この間にAEDをもってきてくれても、
人工呼吸はつづけます。

AED担当の人は、
人工呼吸の邪魔をしないようにパッドを指定部位に貼ってあげます。

あとは機械の指示に従い、
機械が心臓にショックを与えるために
「離れてください。」
と言ったときだけ
人工呼吸をストップして離れる。

そして、また心臓マッサージ三十回して二回の人工呼吸。

というながれでした。

ちなみに

一歳未満の赤ちゃんは
意識確認のとき、
足の裏が一番かんじやすいので、
足の裏を刺激する

とか、

指二本くらいで押す

人工呼吸の際は、
鼻をつままず、
鼻と口両方を自分の口で覆って息を吹き込む


というところがちがいます。


ゆきちゃんがサークルにいたころからやってるので、


私自身習うのは四回目だとおもうんですが、

それくらいしてやっとちょっと
感覚が掴めてきたきがします。

なるべくならそんな場面に出くわしたくはありませんが、

もしものとき、

自分の子どもを助けられるように


みんなお母さんたち、
がんばってました


そしてそんな実習の間、
子どもたちは…

なんと、消防士さんたちに遊んでもらってました

まさか、消防士さんたちに遊んでもらえるなんて

思ってもみませんでした

ボールを転がして遊んでくれたり、
写真のようにままごとしてくれたり


あきちゃんは大喜びで、一番はしゃいでいたかもしれません。


そのくせ、
私が実習してるとそばにきて、
私が心臓マッサージしてる横で
お腹を押したりしてました

「すごいな!心臓マッサージ最年少記録やね!」
って言われてご満悦でした。

コンテントヘッダー

愛着と喪失感




こんばんは

お久しぶりです。

前に利用していたフォレストブログが
今日のお昼までで
完全になくなりました。

そんなわけで、
なんだかさみしくて、
昨日までは
フォレストで仲良くさせていただいた方とコメントやハートのやり取りをしたりして
名残を惜しんでいました

こちらでバックアップもとっていただいたし、
多くのブロ友さんともちゃんと繋がっている。
何の問題もないんだけれど、
やっぱり
フォレストという場所に愛着をもっていたせいか…
どうにも寂しくて

ここ数日は
アメブロでもこちらでも、
切り替えて新しい記事を書く気になれなかった…のです

決まってたことだし、
仕方ないんだけどね…

ふう…

私ってつくづく簡単じゃないなぁ。

まぁしかし、

いろいろあったことだし、

今日はちょっと書こうかなと思います。

自分の気持ちを上げるためにも…












コンテントヘッダー

カブト虫の幼虫が蛹に!



昨日の朝、
昨年からゆきちゃんが世話してきた
カブト虫の幼虫が
蛹になりました

ゆきちゃんが土を替えようと上の朽木を除けてみたら…


「ママっ蛹になっとるよっ。」
とゆきちゃん。
そばにいたあきちゃんも
「さなぎ、なっとったっ。」

大興奮

角が見えるから今年もオスだね(o^^o)

昨年育てた幼虫も、オスだったので、
お嫁さんをもらったんだよね~。

うちには女の子は育たないのかしら


そんな疑問はさておき…
梅雨らしい景色をみたので
ご紹介しまーす(o^^o)

息子たちと買い物にいく途中にみつけた
カタツムリくんと紫陽花。

うちの軒下で雨宿りする揚羽蝶。

この揚羽蝶は、お泊まりして
次の日の朝もいました。

居心地よかったのかな

弱ってるのかと思ったけど、
昨日の朝はいなかったので、
元気になって飛んでいったみたいです。

よかった





コンテントヘッダー

三歳児検診




18日火曜日、あきちゃんの三歳児検診に行ってきました

検診は午後二時からときまっています。

ゆきちゃんが帰るまでに帰りたいので、
早めに出て、
(一応おばあちゃんにもきてもらって留守番も頼みました。)

いく前の会話です

「あっちゃん、病院行かんでもいいわ。
あっちゃん元気やし。」

「あっちゃん、あっちゃんはお誕生日会したけどぉ、
ちゃんと病院に行って
検診受けて
先生にみてもらわんと、
本当の三歳になれんのよ。」

あきちゃんはこれを聞くと
「えっ…
と固まり、
「ママっ、はやく行くよっ
と言ってくれました

嘘も方便

ついてからも、
検温や検尿にめちゃくちゃ協力的で
すっごく助かりました

この日、三歳から日本脳炎の予防接種もできるというので、
ついでに一回目もすましてしまうことにしました。

そして、
いよいよ名前がよばれ、
身長を測る間…

「あっちゃん、負けん!
あっちゃんはつよくなるっ。」

大きな声で宣言するので、
看護師さんたちが笑いながら
「聞こえたよぉ。
じゃあ注射も頑張れるかな。」

「うん。あっちゃん、我慢する。」
そしていよいよ診察室へ。

先生の向かい側の椅子を指差して
「あっちゃん、1人ですわる。」
とまたまた宣言。
「すごいねー!1人で座れるの?
大丈夫?」
と看護師さん。

私がボソっと
「三歳児アピール」
と言ったら噴き出して
「まだ三歳になって二日しか経ってないのにね~。
そっかあ。二歳と三歳の差は大きいねぇ。」
と言われました

そして、積み木をならべたり、
色を聞かれたり、
簡単なテストを先生がしたあと、
「身長も体重も枠の中にちゃんと入ってるし、
問題ないですね
というお墨付きをいただきました。

最後の難関の注射も
宣言通りにぐっとこらえて針をみつめ、
泣かずに耐え抜き、
シールをGET。

「本当に泣かなかったね!えらいね!」
というお褒めの言葉にも
「我慢しただけやし。」
とニヤリ。

家にいるときの甘えん坊はどこにいったのでしょう?

何はともあれ、
これでちゃんと三歳になれたね、あきちゃん

写真は、昨日あきちゃんが作った作品です
いちごとみかんとメロンと、
おうち…だそうです。

ハサミで切るのは手伝いましたが、
アイデアはなかなかですよね

帰ってきたパパに
プレゼントしてました

遅ればせながら、
父の日のプレゼントができました







コンテントヘッダー

最後のウルトラマンランド






みなさん、こんばんは

あきちゃんの誕生日に、
ウルトラマンランドへ行ってきました

今回の目的は、
ウルトラレストランでの「お誕生日会」でした
ゆきちゃんが年中さんのとき、一回してもらってて、
写真もあるので、
やっておかないと将来あきちゃんがすねるかもしれないという親心で…


でも予約時間は午後三時半。

朝11時前くらいについた私たちは

お隣のグリーンランドへ。

そこで、まず仮面ライダーウィザードショーを見ました

仮面ライダーもゆきちゃんが小さいときからいろいろ見たけど…

ウィザードは本当かっこいい

ストーリーももちろんいいんだけど、

変身して闘うときの綺麗さは

今までで一番じゃないかな~。

闘牛士のような華やかさと、美しさがあり、ついついうっとり


もうすぐ、ウィザードも終わってしまうし、
そしたらウィザードショーも見れないし

というわけで…


いつの間にか嬉しそうな私も息子たちと一緒にパパに写されてました



ゆきちゃんのニヤリに比べて、あまりにも嬉しそうで、
自分でも笑えます

見たことないころは、
「仮面ライダーにハマるママが多いらしい。」
と聞いても
「へええ?何でだろう?」
っておもってたのに。

ショーには仮面ライダーブラックとシャドームーンも出てて、
パパも懐かしそうでした


それからウルトラマンランドに移動して
可愛い怪獣ピグモンと握手したり…

かき氷たべたり…
ウルトラマンと写真をとったり、
六月生まれのお誕生日会に参加したり




最後はウルトラレストランにて
ウルトラマン コスモスにプレゼントをもらい、
カチコチに固まるあきちゃん

ふだん物怖じしないあきちゃんのあんな姿…
初めて見ました。

あ、プレゼントは親がこっそり選ぶんですが、
幼稚園に入って使えるステンレス製の水筒にしました


ゆきちゃんも握手

またまたケーキを食べました

がっつくあきちゃん↓
ケーキにこんなにがっつくあきちゃんも初めてでした
「ウルトラマンコスモスが、せっかく作ってくれたから!」
って言ってました

ちなみに今は週半ばですが、まだ余韻が残ってるあきちゃん、
「コスモスが『いつも見ているよ』っていってくれたのよぉ。
あっちゃん、嬉しかった
ごはん、たくさんたべたらほめてくれるかな~」
と可愛いことを言ってます


ちょっと高くついたけれど…

ウルトラマンランドがなくなる前に
いい思い出ができました













コンテントヘッダー

一年生あるある?&ゆきちゃんの作品




こんばんは

金曜日の授業参観の前日の夕方

実はゆきちゃんの先生から電話をもらいました

ゆきちゃんが今度図工でティッシュの箱などを使ってバスとかを作るから
材料になりそうなものを持っていきたいと言われたのですが、

突然で箱がなくて、
「トイレットペーパーの芯ならあるけど
タイヤとかにする?」
と言ったら
「うん!」
といって喜んで持って行ったゆきちゃん

ところがこの日の朝
先生が教室にいってみると、
ゆきちゃんがそのトイレットペーパーの芯を入れた袋に水を入れて教室に運び
その水をこぼして
生徒たちが大騒ぎしていたとのこと。

「乾かしてみたんですけど、
水を吸ってグチャグチャになってしまって…
すみませんがまた新たに持たせていただいたほうがよさそうなので…」

という電話の内容でした

電話をもらったときは近所のお友達と遊んでる最中だったんですが、

「なんでそんなことしたの?」
と聞いたら
「匂いがしたから。」
とポツリ。

家に帰ってもう一度問いつめたら

お友達に
「それ何が入っとるん?見せて!」
と言われたので見せると
「臭い!」
と言われたので、
匂いをかぐと、トイレの芳香剤のような匂いがついていた。

それでその匂いをとろうと袋に水を入れ
そのまま教室に持っていった

ということでした

お友達に「くさい」って言われたのが気になったのはわかるけど、
ビニールにそのまま水を入れて運んだら
こぼれるとなぜ思わないのか

あ、ちなみにこのお友達には全く悪気はなかったようで、
二人してその袋に水を入れたり
こぼしたら一緒に拭いたりはしてくれたようなんですけどね


授業参観の朝も
洗濯しようと服を洗濯機に入れようとしたら

ゆきちゃんのズボンだけが
異様に分厚い

ポケットを探ると四つ折りのプリントが
出てくるわ
出てくるわ…

中身は宿題の返してもらったのとかでしたが

「これ、どうしたん?」
「持って帰りなさいっていわれたから…」
「机にためてたの?」
「うん。」
「で、何でランドセルに入れてないと?」
「…」
「ママに怒られると思った?」
「うん。」

私はそんなに恐いお母さんなのかい…

というようなこともありました

うちの子大丈夫なのかな…

ゆきちゃんて、なんかおっとりしてるからなぁ。

と思ってましたが、

クラス懇談会で
いっぱい「一年生あるある」
が出てきて
聞いててなぜかほっこり。


○宿題をしたのに二回連続でいれ忘れ、
それ以来何回も確認しないときがすまないようになったらしい

とか

○忘れ物をしないかわりに、持って帰るのを忘れてきて、
一緒に学校に取りにいった

とか

○週末にもらったはずのお便りが
なぜか火曜日に出てきた

とか。

他の子もそうだから安心するとかそういうのではなくて、

一年生はいっぱいいっぱいで頑張ってるんだなぁと

よその子のことならそう思えるというか…ね

教室にはゆきちゃんの図工で作った作品が飾ってあったのですが、

ゆきちゃんのは相変わらず独特の発想で面白かったです。
真ん中のがゆきちゃんの作品です。
セロハンやビニール、色紙で亀を作ったそうです。

NHKの「いないいないバア」のウータンみたいなのを作ってる子がたくさんいましたが、

ゆきちゃんはひとり、独自の道を歩いてました

数日前から学校で飼ってる亀が池に脱走したことを熱く語ってたから…(*^^*)

こちらは運動会の絵
教室になくて、
廊下の掲示板に貼ってもらってました

競技全体では赤組の勝ちだったけど、
玉入れはゆきちゃんのいる白の勝ちだったから嬉しかったみたいです。


おっとりしてて
どこか抜けてるゆきちゃんだけど、

ゆきちゃんの作品をみていると
いろんなものに
ゆきちゃんがちゃんと何か感じて
それを全力で表現しようとしてるのが
よくわかります

ゆきちゃん、頑張ってます

長々読んでいただいた方、

本当にありがとうございました

























コンテントヘッダー

あきちゃんの誕生日





今日はあきちゃんの誕生日です。

三歳になりました


いつも大きな声を張り上げて
ヒーローの歌を歌うあきちゃん。

跳ね回るあきちゃん。
ニイニイにまとわりつくあきちゃん。


悪さして怒られたら大泣きするあきちゃん。


そんなあきちゃんについていくのは大変だけど、


寝顔みると、やっぱりなんともいえない穏やかな
幸せな気持ちになります
起きるとまた戦争で

怒ってばっかりのママなのに


寝てる顔見ると顔が緩むの。


あれは何だろうなぁ


パパは一人っ子だし

ママは10歳も歳の離れたおにいちゃんが一人いるだけだから、


兄弟のいる大変さも辛さも

楽しさも素晴らしさも


あなたが生まれて来て、初めて私たち家族に教えてくれたんだよね


うちに産まれてくれてありがとう


そんなやんちゃな天使をつれて、


今日はウルトラマンランドに行って来ました。



くたびれました。

パパ、運転本当にお疲れ様!!!










コンテントヘッダー

二回目の授業参観


昨日はゆきちゃんの学校の二回目の授業参観でした

前回、授業態度が悪くて、
(後半机に突っ伏したりみたこともないほど変な態度をしてました)
終わったあとこっぴどく叱られたゆきちゃん。

今回は最初から最後までなんとか頑張ってました

算数だったんですが、
まだ足し算の前の段階。

入学する前からベネッセのチャレンジをしてるゆきちゃんには
多分簡単すぎるんだけど、

先生が
「5と3
あわせて…」
というのを磁石で示した通りに
ブロックを机に並べる

というのもなかなかできない子もいて注意されてたりしてちょっとビックリしました…。

後の懇談会でも

「5は3と□」
というような宿題にも
「わからん!」
とイライラして頭を抱える子もいるらしく、
すでに居残り学習も始まっていると聞き

先生も大変だな~と正直思いました。

いろんな考えかたの親御さんもいるとは思うけど、

こんな初歩の初歩の段階での勉強のつまづきは親の責任だと私は思います

幼稚園を卒園してから学校に入学するまでに、
算数の初歩の段階までは少しずつ親が教えてあげておけば、
学校で習ったとき、
自分の子供が
「わからない!」って
頭を抱えることもないはずです。

小学校一年生の
まだ始まったばかりの算数で
「わからない!」
「自分は先生に居残りさせられるくらいみんなよりできないんだ
なんて苦手意識を持たせるのは
可哀想だと私は思うのです。

うちは子どもチャレンジを利用してるけど、
そんなのに頼らなくても
本屋さんにある本で親子で解きながらでもいいと思います。

わからないといったら、
子どもの積み木とかで数を数えることから遊びながらおしえてやっておく。

そうすれば
学校で習ったときわかるから、
子どもは
「勉強楽しい!
算数面白い!」
になると思うんですよね


かくいう私も子ども時代算数が大の苦手でした。

慣れてない上に、
自分以外の周りの子がさっさとそれができるとわかったとき、
子どもってめちゃくちゃ焦ります。

焦るとますますできなくなります。

そんなとき、隣の男子にからかわれ、
「あー、なんかもういいや。
私算数は嫌い。」
と思いました。

こうして算数できないこちゃんになってしまった私。

大人になってもなかなかコンプレックスは消えませんでした。

だから
ゆきちゃんが小学校に入る前
ゆきちゃんに同じ思いを絶対させたくないと思ってて
毎日とはなかなかいかないまでも
本当に少しずつ
教えてきたので、
ゆきちゃんの場合は
毎日出る宿題もまぁスラスラやっています。


なんか話がまとまらなくなりましたけど…

今年長さんのお子さんがいるお母さんがこれを読んでたら

そろそろ
数の勉強と字の勉強
初めていい頃ですよ~

まだ勉強とかまえなくていいんです。
親子で遊びながらでOK

別にお受験するわけでなくても

今から少しずつ

教えてあげて下さいね


子どもたちが
学校での授業を
「わかる!楽しい!」
って思えるために。



























コンテントヘッダー

お手伝い兄弟


こんばんは

最近、息子二人がよくお手伝いをしてくれます

特にあきちゃんはお手伝いが大好きなお年頃。

しかも意外と要領をつかむのが早いし、
仕事も早いのです

これは本当に驚きでした(*^^*)

お風呂掃除も私がやってると、
「あっちゃんも手伝いする~!」と言って、自分でパンツ一丁になって、浴槽の中に入って、
スポンジでゴシゴシ
仕上がりもなかなかのものです。


一昨日の夜は、ポテトサラダをつくったのですが、
宿題を終えたゆきちゃんもやってきて、
「俺も手伝いたい!」
と言ってくれたので、
あきちゃんはゆで卵の殻剥き担当
ゆきちゃんはじゃがいものマッシュ担当

ゆで卵のから剥き。
あきちゃんは初めてでした。

初めてパパやゆきちゃんに頼んだときは
ボコボコになったのに、
あきちゃんのは
つるん
しかも早いのです

期待せず渡したのに、
驚きでした

「あきちゃん、すごいやん!上手!」
とほめると、
「はーいどうぞ
と渡してくれて、二個目、三個目と段々スピードUP

つ、使える三歳児
(誕生日まであと数日なので大雑把に三歳児でくくりました)

これをみたゆきちゃん
「俺のほうが何年も前からお手伝いしよるんやからな!
先輩なんやからな!みとれよ。」
とじゃがいものマッシュをしてくれて、
殻の剥けた卵を卵割機で綺麗に割って…
マヨネーズで和えたり、
きゅうりをスライスしたり…
八面六臂の働き

それをあきちゃんはみて
「にいにい、すごーい。」
と言ってました

それは憧れのまなざし

そっか…
あきちゃんは今までのゆきちゃんをみてないようでしっかり見てたんだね…

「あっちゃん、早くにいにいみたいになりたいんよ。
あっちゃん小学校いける
が口癖のあきちゃん。

ゆきちゃんのあとをしっかり歩いてます

でも先に幼稚園がありますよ~(*^^*)



昨年の今頃はこんなこと
考えもしなかったな~

夕飯作りの最中まとわりつかれて大変で大変で…

それがたった一年でこんな楽になるとは
ありがたや、ありがたや

全国のまとわりつき期の赤ちゃんのお母さんへ

大丈夫
二年後、三年後楽になります


さ、明日はゆきちゃんの授業参観です。
もう寝ましょう







コンテントヘッダー

お友達とたべるバースデーケーキ


こんばんは

昨日はお友達のおうちで、サークルの七夕飾りを作りました。

今年は役員ではないのですが、
まぁ、いけばあきちゃんも喜ぶしね

昨日、
おばあちゃんが近所のゆきちゃんの大親友ハルくんの誕生日と勘違いして
ホールケーキを買ってきてくれたので

ちょうどいいからみんなにもおすそわけしようと、
持っていくことに

そして…

今週日曜日があきちゃんの誕生日なので

ついでではありますが

みんなにあきちゃんのために一曲お願いしました

「ハッピーバースデートゥーユー」
の歌

あきちゃんは自分でちゃんと
「ハッピーバースデーあきちゃん」
と歌っていました

ケーキはもちろん、あのいつものケーキ屋さんです

六月いっぱいときいて、
みんなとても残念がってましたけど、
「閉まる前に行ってみよう」
と言ってくれたから、

突然子連れの若いママさんのお客さんがが月末にかけて増えるかも

さて、
ケーキを切り分けて、
食べる段になって事件発生。

「あっちゃんは熊さんのついたの食べる
といったとき、
すでに熊さんはお友達に跡形なく食べられており、

「おめでとう」のプレートも別のお友達に食べられており、

ヤバイ
これは泣くか~

と思ったら

さっくんのママがチョコのビスケットをあけて、
「はいっ、これどうぞ」
ポンっとケーキの上に置いてくれました

おかげであきちゃんの機嫌は持ち直し…

「あっちゃん、うれしいわぁ。」
と言いながら
いつもはあんまり食べないケーキをパクパク食べました

お友達と食べるケーキ。

嬉しくて美味しかったねあきちゃん。















コンテントヘッダー

パパの買い物




先週の土曜日の朝のことです。

朝九時半ごろ、ピンポーン

おばあちゃんかなと思ったら、宅配の人でした。

「大っきいの届いてますよ。」
というので見てみると…

宅配のお兄さんが、
私の身長より大きな細長い箱を持って玄関に立っているではありませんか

「えっいやいや、これ、本当にうちですか
「○○さんでお間違えないですよね。」
とパパの名前をいうお兄さん。

「ええ~、なんなのこれ。
全然聞いてない

とぶつくさ言いながらサインする私。

息子たちは興味津々ででてきて覗き見。

とりあえず玄関先に置いてもらったけど
玄関が埋まるほどの大きさに、
私の不機嫌度もUP。


箱のシールを読んでみると「ファイティングパンチ」
って書いてありました


パパが帰宅後。

「パパ、あの荷物のこと、ママさぁ、何も聞いてないんだけど。」

「そうだっけいや、言ったような気がするけど…」

「聞いてないってあ、わざとやろ
言ったら止められるけん、
わざと言わんやったんやろ

おどけた顔で首をフリフリするパパ。
そんな可愛いこぶりっ子してもごまかされないからねっ

「一体どこに置くつもりなの

「居間におこうかな~

「ダメダメダメダメっ絶対無理よっ。」

「うーん、じゃあやっぱり庭の軒下かなぁ。」

こんなやり取りの末に庭におくことになりました


「いいじゃん、一万円しなかったんだからさぁ。」

値段の問題じゃな~い

パパの誕生日が近かったから、
これ以上はいじめませんでしたが…


大きなものを買うときは
妻に相談してほしい
と思うガミガミ母さんでした










コンテントヘッダー

パパの誕生日





今日はうちの旦那様の誕生日です

いまはもう、お腹のでっぱったおじさんなのに、

(私もおばさんになったけど、)

子どもみたいなとこもあるけど、
(私もだけど)

あなたは私の大切な…



約束



これからもあなたをたくさん笑わせてあげるね~

だからあなたも私をたくさん笑わせてね

二人で子どもたちの笑顔をたくさん見ようね



今日が素敵な誕生日になりますように





コンテントヘッダー

手繋ぎペンギンとケーキ屋さんのご夫婦


こんばんは

今日は雨の日曜日。

パパが水族館へ連れていってくれました

ペンギンをみてるとき、
パパが
「あれ、みて!ペンギンが手を繋いでるみたいだよ。
可愛いね
というのでみてみると…

本当に手を繋いでるみたい

夫婦なのかな


この同じエリアに、卵を温めてるペンギンとそれを守るように立ってるペンギンもいて、
なんだか朝からほっこりしました。


実はこの朝、
あと二日でパパの誕生日だというので、
おばあちゃんがケーキを買ってきてくれました。

いつものチョコレートケーキ。
甘すぎず、
絶妙の…

うちでは家族のだれかが誕生日のときには、
いつもこのケーキ屋さんでした。

でも、そのケーキ屋さんが、今月でお店をしめるんだって

夫婦で五十年。

ケーキ屋さんをしてきたんですって。


おじさんが昨年入院したときは、
おばさんともう一人の店員さんで頑張って守ってたお店。

でももうしんどいんだろうねって、話しました。

さみしい

だけど…今まで家族のたくさんの誕生日を一緒に祝ってくれたケーキ屋さんだから、
ご夫婦の第二の人生も応援したいと心からおもいます。

手繋ぎペンギンをみたとき、
なんだかケーキ屋さんのご夫婦が目にうかびました。

私たち夫婦は、
このケーキ屋さんのご夫婦にくらべたらまだまだ駆け出しのひよっこだけど…

あんなふうに末永く
助け合っていきたいね。

だからね、パパ。


あと四十年頑張って







コンテントヘッダー

シロツメクサのお買い物と子猫



木曜日は朝からお昼まで公園で遊びました

以前、あきちゃんがお友達の女の子に、「おれについてこい」って感じでアスレチックした公園。


この公園の近くのスーパーでは、
木曜日安売りなので、
この日、小さい子がいるお母さんたちは
ついでにこの公園に寄る人が多いのです

たくさんお友達がいると、
あきちゃんはやっぱり楽しいみたいです

昨日はシロツメクサのお店屋さんをお友達のママが開いてくれてました

アスレチックの吊り橋の下に窓があるんです


シロツメクサをたくさんとってきてお店に並べて

「これはいちごでぇ、
こっちはぶどう。」
って説明するあきちゃん。

お金はクローバーの葉っぱです。
お客さんのくせに、
「お金、ください。」
ってあべこべだったり



途中からお店は私が引継ぎましたが、
はじめて会う女の子がお母さんと買いにきてくれて、

あきちゃんは
「いらっしゃいっ」
って八百屋さんみたいに元気に声をかけてました


そうそう


お友達のお母さんに、
公園の近くのアパートの物置きに
たくさん子猫がいるよって教えてもらって、
あきちゃんと見に行きました。


全部で五匹くらい。


みんな用心深くて、


私たちの気配でささっと軒下に一匹ずつ隠れるんだけど、

身体の模様がみんな違うので
びっくりしました。

同じお母さん猫から生まれたらしいのに
ミケやら黒白やらグレーやら
てんでバラバラ。


でも…


小さいものはなんでも可愛いなぁ


最近うちの近所でも猫ちゃんたちの喧嘩がよくおこるので、
そういう季節なんですね。


俳句の春の季語には、
「猫の恋」っていうのがあるんだそうです。

言葉で聞くと可愛いけど、
あの声は凄まじい迫力ですよね












コンテントヘッダー

ありがとう、はじめまして!


こんばんは。
二年間、フォレストで子育てブログを書いていたモカモコモコといいます。

フォレストではモカモコとして「ガミガミ母さんほっこり日記」を書いていました。

でも、今回その名前は使えないとのことなので、モカモコモコ(*^^*)

長いですけど、よろしくお願いします


フォレストがなくなることになり、
すべての記事が削除されると知り、あたふたしていたところ、
FC2ブログさんがコメントも含め、完全なるお引越しをさせてくださると知り、
昨日引っ越ししてきたばかりです

コメントまですべて

これは本当に嬉しかったです。

私にとっては、今までコメントをかわしあったかたとの交流あってのブログ生活だったので、
いただいたコメントをとても大事に思っています。

だから、FC2ブログさんのはからいに、本当に感謝しています

ありがとうございました~

そして、これからよろしくお願いします

今までお付き合いのあったブロ友さんたちとは離ればなれになってしまったけれど、

フォレストでできたご縁は大切にしつつ
新しい出会いにも期待しています

セールスや勧誘などの目的以外のコメントくださったかたには今まで通り真摯にお付き合いしていきたいと思っています。

遊びにきてくださいね~*\(^o^)/*

コンテントヘッダー

あきちゃんのビビり克服



こんばんは

とりあえず過去記事がfc2ブログに移行できそうだから、
最近のあきちゃんのことを書きたいと思います

最近のあきちゃん、
何かにつけてとっても積極的で、
「チャレンジ」ができるようになりました。

一昨日の公園では…
以前はこわくて登れなかったこの滑り台に裸足で登って
何度も滑るのを繰り返していました


そして昨日は一ヶ月待ちに待った体操教室の回目でした。

この日のために買ってやった新しい上靴が嬉しくて嬉しくて
毎日家の中でも履いてたあきちゃん。

昨日はいそいそと袋に入れて、
ちゃんと持っていって

先生が出席をとりはじめたとき、
「よぉく聞いててね。あっちゃんの名前が、呼ばれたら元気よくお返事してね。」く
というと、
「うんっ
そして、たくさんのお友達の名前が呼ばれるのをじっと聞いていて、
あっちゃんの名前が呼ばれたそのとき、

「はぁいっ
みんなが振り返るほど、元気よく返事ができました

そのあと、
ダンスも親子体操もボール遊びも本当に嬉しそうに笑顔でやってくれたあきちゃんでした

そして鉄棒がでてきたとたん、
またも先生のところへ一番にとんでいって、またお手本をやったあきちゃんでした

まだ1人だとぶら下がるのはこわいみたいでしたが…

そのあと、
跳び箱の一番低いものを二つ離してならべ、
そこに鉄棒を渡して、
へいきんだいあみたいに渡らせるというのもしました。

手をつないでるので写真は撮れませんでしたけど、

怖がりのあきちゃんが、
何度も楽しそうにトライしたのが、
嬉しかったです




続きを読む

コンテントヘッダー

fc2ブログ引っ越し登録完了!



こんばんは

昨日レモンの木さんが「FC2ブログに移行できる」ということをお知らせくださいました。

2011年の五月からポツポツ書いてたブログを
一つひとつ編集しなおしながら
アメブロにうつして、
やっと九月が終わったとこでした。

「もう無理だな…間に合わない。」
という気持ちで、あせりと、諦めが…

そんなときにいただいたお知らせでした

なぜか私のスマホでは登録できないので
パソコンのメアドで登録、
移行してもらえことに。

コメントまで全部残せるというではないですか!

すごすぎる~!!

これでスマホから投稿できるならもうアメブロはやめて、
FC2にいこうかと考え中。

それに…

アメブロは、まだ始めたばかりなのに、利用する人がおおいせいなのか、
こちらの書いた記事の感想なんていっさい書かないまま、
突然「ぼくもブログやってます。
よかったら…」
みたいなコメントがきて、

いってみたら
「経済的に勝ち組になる」
とか
「二十代で成功するには」とか、
「いい女を落とすには」とか…


なぜ、これを書いたひとが私のブログにきたんだろう

と不気味に思うようなこともあり…

昨日なんて

「モカモコさんのブログ、面白いです!ぶっちゃけ気になってます。
アメンバー登録してもいいですか?
メールまってます。」
なんてコメントがきて、

「気になってます???どういう意味?
しかもいきなりメール下さいって…
なんでメール?
私がコメントの返信して、
相手が読めばいいだけのはずなのに、
へんなの?」

っておもって、
その人のブログ見にいったら、
記事はすべてアメンバー限定記事なのに
アメンバー申請もできないようにしてあるし。

相手がどんな人かもわからないのに、
こっちだけアメンバー申請を許可するのも気持ち悪いので、
「私も遊びにいきたいけど、
どうしたらいけますか?」と返信。

そしたら今日。

その人のブログはなくなってました

私の推理。

その人のねらいは、
リアルのアドレスをできるだけたくさんの人からもらうこと。


きっとそういうのを仕事にしてるようなひとなんでしょうね。

そのメアドを何に使うのかは想像できないですけど。

こわい、こわい。

みなさまも、、フォレスト以外のところへ行かれたら
気をつけてね~










続きを読む

コンテントヘッダー

おれについてこい?



おはようございます

最近過去記事ばかり編集しているモカモコです。

まだ二年前の九月のおわりまでしかいってない(*^^*)

フォレスト終了までもう間に合いそうもないよぉ…

さてさて、そんな弱音はおいといて…

先日面白いことがあったので、

書いておこうと思いマス

先週の木曜日。

朝からあきちゃんが

「今日あひる、ある

と聞いてきました。

あひる…というのは、ゆきちゃんの小さいときから通ってる育児サークルのことです。

「お友達とあそびたいと?」ときくと

「うん

「あのね、今日はないんよ。」

「なんで

「ない日だから。」

「なんで

でた、「なんで」攻撃

「だれと遊びたいん

「えっとね、えっとね、ひーくん。」

「ひーくんは遠くにお引越ししたから無理だね」

「じゃあ、かのんちゃんは!」

「どうかな?」

「ママ、聞いてみてよっ。」

「ハイハイ」

ところがあいにくかのんちゃんママも用事ありのメール。

そこで…公園へいくことにしました。


さてさて、

その公園には、

わりとたくさんの親子がきていたんですが、

その中にひとり顔見知りの女の子が。

でも、この女の子はとっても人見知りらしく、
以前話しかけたら
この猫ちゃんみたいにささっとお母さんのかげに隠れてしまったことがあり。

あきちゃんとは遊べないだろうなぁと勝手に思ってました。

ところが…

あきちゃんがアスレチックの橋を渡りはじめたとたん、


その女の子の方からあきちゃんのところへ接近。

「怖い~。」と言いながらお母さんと手を繋いで橋を渡る女の子に、
すかさず
「がんばれっ。こっちだっ。」
とあきちゃん。

ええーっ
こんな頼もしいあきちゃん、
初めてで、ママはビックリするやらおかしいやら。

かのんちゃんはあきちゃんより怖いものしらずだから、
リードすることなんて今までなかったしね
(*^^*)

むしろ「こわいよ~。」と平気で弱味を見せてたような…

女の子のほうでもまんざらでなかったのか、
このあとあきちゃんの行くとこ行くとこ
ついてきてくれて

「おれについてこい。」的な態度をとれて、かなりご満悦だったあきちゃんでした

子どもながらに、
男の子はいろんな顔があるんだなぁと面白かったです






















続きを読む

プロフィール

モカモコモコ

Author:モカモコモコ
はじめまして!
小1の長男、六月で三歳になった次男、二人の息子の子育て日記です。毎日ガミガミいってるけど、そんな私が子育てを通して感じたこと、ほっこりしたことを主に書いています。
小さな幸せを大事に大事に積み重ねていきたいなあ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
536位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR