FC2ブログ
コンテントヘッダー

美味しかったもの~おうち編





こんにちは

毎日暑いですね~

今日は、最近たべて美味しかったものをご紹介します

まずは、ウチゴハン編。

タコとおくらのマリネ。
サラダは最近必ず一品作ります
おくらとタコの食感が楽しいサラダです

抹茶だんごの氷ぜんざい

朝からゆきちゃんとお団子作って、
かき氷機でかき氷を作って、
みぞれのシロップかけて、
買ってあったこしあんをのっけて…
楽しくて美味しかったです


シメジと豚肉のゴマだれ和え
ポテトサラダ
ワカメとお豆腐の味噌汁

ゆきちゃんがプールの昇級試験(面つけクロール7m)合格したときのメニューです。

「何がいい?」って聞いたら
「えっとね、味噌汁とぉ、ポテトサラダとぉ、トンカツ!」
といわれ、
わざわざスーパーにトンカツ用の肉を買いに行きましたが、
売り切れで、
それでシメジと豚肉のゴマだれ和えになりました

でも喜んで食べてくれました

炒めてゴマだれで和えるだけの簡単メニューだから、
また作ろう

ブルーベリーヨーグルト

うちの庭のブルーベリーに実がなる時期になりました

毎朝五粒くらい収穫。

酸っぱいけど、美味しいです。

オレンジ寒天と杏仁豆腐
オレンジ寒天は昨日お友達が作ってくれました

昨日の夕食あと、
市販の杏仁豆腐にそれをまぜて
パパがお皿に入れて、
「はい、デザート

幸せ~

わたし、太っちゃう~

たくさんになったので、

お外編はまた今度ね













スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トミカ博


いやぁ、夏の疲れはハンパないですねぇ

負けずに乗り切りたいです

さて、7月26日金曜日に初めてトミカ博にいってきました。

水曜日にセンターでチラシをもらって、
最初はお友達と一緒に行く予定だったのですが、
お友達はダメになり、
でも息子たちは乗り気だったから、
ローソンで前売り券を買ってね

私、初めてだから何も知らなくて…
前売りだと安いからって教えてもらいました。

でも、それでも子どもが3歳以上は500円。
大人は700円だったかな。
合わせて1700円。

中に入ると、
ミニカーのいろんなゲームのブースがあって、

ゆきちゃんが
「トミカ釣りしたい
というので並んでたら、
ここで専用のチケットをさらに購入して
それが四枚いるというのもわかり

10枚つづり1000円のチケットを二セット購入して並び直しました。


つまりここですでに3700円の出費。

しかもこれで足りずにあと六枚買い足したので、
プラス600円。

さらに駐車場代金でプラス800円。

つまり…

5000円も使ってしまった~

意外とお金もかかりますよ、トミカ博。


でも、ゲームで負けても必ずミニカーを一つくれるので、
ミニカーが大好きで、
お子さんの興味の中心がそこにあるなら
惜しいともなんとも思わないんでしょうけど…

うちみたいに、
車も嫌いじゃないけどヒーローごっこのほうが好きなら、
あえていかなくてもよかったかも…
と思ってしまいました。

まぁ、うん。

楽しそうでしたよ。

楽しそうでしたが


愚痴っててもつまんないので、

ゲームの中身のお話。

トミカ釣りから。

ゆきちゃん、張り切っていたんですけど
ここで意外な才能を発揮して結果を出したのは、
なんとあきちゃんのほうでした。
クレーン車ばかりスイスイと七台GET。

対するゆきちゃんは四台。

クレーン車ばかり迷いなくとってたあきちゃんの勝ちでした

あ、これは取った数だけ全部くれるわけではなく、
取った中から一つ選べるわけですが。

これはパチンコみたいにミニカーをとばして、
赤いとこに入ったら当たり。

こちらはゆきちゃん大当たり。

一つのゲームをするのに10分待ちは当たり前。

歩き回るのには慣れてる息子たちですが
立ちんぼはこたえたようで、
四つゲームをし終わったときには
「足が~
と言ってました。

正直、私もしんどかったです~(*^^*)










コンテントヘッダー

夏バテには梅干し


こんばんは

暑い夏、毎日いかがお過ごしですか?

夏バテ気味の私。

特にバタバタと働いて一時間くらいすると、身体がだるくてだるくて、
ふくらはぎがむくんだような痛さがきて
何もヤル気が起きなくなります。

で、先日の夕方
ぐったりしてた私に、
パパが
「梅干しを二個食べなさい。」
と…。

梅干し、いいのはわかってるけど、
辛いししょっぱいし、
苦手

でも、
「絶対効くから。」
というので、
がんばってたべました。

最初はじかに一個食べようと思ったけど
私には無理だったので、
お茶と一緒に。

二個目はお白湯に入れて。

それからちょっとしたらね

本当に楽になるのですよ、これが。
もうビックリ

パパいわく、

夏は汗と一緒に身体から塩分が抜けていくので、

水分だけではなく、
塩をとらなければいけない。

これはよくいわれるけど、
梅干しにはクエン酸があって、
これが疲労回復に絶大な効果を発揮するんだって。

「日本人が昔から食べてるものは
ちゃんと理屈に合ってるんだよ」
って言われました

半信半疑やったけど、
一時間くらいで即効きくのを自分の身体でわかってしまったので、
これからは毎日二個、
がんばって梅干し食べます

夏バテ気味の方は、
是非お試しあれ



コンテントヘッダー

ゆきちゃんのカブト虫とアサガオ




今日は暑くて目が覚めちゃいました

でも、クーラーつけたままで朝起きると頭がガンガンして気分最悪な感じだったので、
暑くて目が覚めたほうが百杯いいみたい

あ、寝るときはつけてますよ
パパがタイマーかけて、朝三時半くらいにきれるようにしてくれてるのです。

そんなわけで、
今からブログUPしまーす


まずはゆきちゃんのカブト虫のことから…


うちでは、
カブト虫の幼虫を友達からもらって、
二年前から育てていました。

昨年無事に成虫になったカブト虫はオスだったので、
メスをもらってきて、
結婚させ、
卵がうまれ、
その卵から幼虫がうまれ、


で、六月にそれが蛹になり、
今年も成虫になるのを
ゆきちゃん
いまか、いまかと待っていたのですが…

今年は蛹のまま死んでしまいました

二匹いて、
一匹はオスで角もでて、
もうすぐだったのに。

一匹は幼虫のときに学校にもっていって
クラスや先生の子達と
一緒にお世話してたのですが、
持って行った次の日に蛹になったそうです。
こちらはメスでした。

ですが、
これも羽化の途中で力尽きて死んでしまったようです。

身体には脱ぎかけの殻がついてました。

オトナになるのは、
生き物にとってはこんなに厳しいものなんですね…

昨年、
すんなりと成虫になったので、
簡単になるものかとおもっていたのですが、
昨年はたまたま運がよかったのかな…

なんともがっかりで
ゆきちゃんは特に学校でみんなでお世話したほうがあきらめきれず、
オスを庭に埋葬したあとも、
一日とってましたが、
昨日うめました。


そんなゆきちゃんでしたが、
一昨日は素敵なこともありました

学校で育てたアサガオを終業式前にもらって帰ったのですが…
花の色は紫でした。

「おれ、本当は青がよかったんよねぇ。ま、仕方ないけど。」
と水を遣りながら言ってたゆきちゃん。

ところが一昨日の朝見てビックリ驚きました

だって…

同じ鉢から青いアサガオが咲いてるじゃありませんか

こんなことあるんだね~

育てたゆきちゃんのひとことを聞いて
アサガオさん、
サービスしてくれたのかな

アサガオの恩返し

朝からゆきちゃんのテンションUPしたのはいうまでもありません






















コンテントヘッダー

川遊び


またまたこんばんは

実家に帰ったとき、

家の裏手に流れている小川に下りて、

川遊びをしました。

心配症のババは
「やめとったほうがいいんやないと?
うわぁ。もう!
見とるだけでこわいわっ。」

と、悲鳴をあげながらみていましたが、

くる途中で
水槽やら
魚獲り網を買ってきたので、
息子たちが
引き下がるわけもありません。

小川にはフナだかハヤだかが、
たくさんいました。

でも、
さすがに人の気配を感じてあっという間にいなくなりました。

するとそばにいたあきちゃんが、
「あっ。小しゃいお魚、おったっ。」

いうなり、パッと持ってた網をふるいました。

みてみると…

メダカくらいの小さな魚が

あわてて、水槽に川の水を汲んで
その中に入れてやりました。

そうしていると、
今度はゆきちゃんが
「あっ。蟹がおるっ。」
といって、
手づかみで小さな蟹を捕まえました

それからなんと半透明の可愛らしいエビまで

「どうする?
逃がしてやる?
それとも連れて帰る?」

迷っていたらババがひとこと。
「持って帰りなさい。
死んだっていいのよ。」
そうだね。
これは戦利品だもの。
で、持って帰って飼うことに…

かえるとき、ゆきちゃんに
「あのさぁ、魚は小さいから、蟹に食べられるんじゃないかな?」
といったら…
「最初っからそのつもりよ。
稚魚はエビと蟹のエサ。
エサがないと死んじゃうでしょ。」

というので、
ビックリしてしまいました

男の子って、
あるところでものすごくシビアなんだなぁ(*^^*)

パパに話したら笑って
「ママ、いい教育しとるね。
自然に弱肉強食がわかっとうやん。」
と言われ、
そんなもんか…と思いました

私は男の子を育ててるんだもんね。

というわけで、

依然から飼ってるメダカの水槽に入れて一緒に飼うことになりました。

ところが、この蟹さん。
意外に頭がいいんです。

水槽に仕切りをつくって、
今年産まれたメダカや卵を分けていたんですが、
どうやってかここに侵入。

昼間よくみていると、
仕切りの底にある小石を両手で持って少しずつどかして、
トンネルをつくり、
下から抜けて赤ちゃんエリアへ。

目的はメダカではなく、
貝だったようですが。

エビは小石の底のバクテリアなんかを食べてるんじゃないかとおもわれます。

なかなか面白いです。




コンテントヘッダー

母の誕生日祝



こんばんは

毎日暑いですね~。

身体に力が入らないモカモコです(*^^*)

さて、22日は私の母の誕生日プレゼントを渡しに実家へ行ってきました

プレゼントは…
久しぶりに洋服にしました。

「もうあんた、82なのに。
新しい服なんて」
と母は言ってましたが、
女性って、
新しい服を着ると気分が上がりますもんね

グリーンリーフの涼しげなチュニックです。
若がえって見えますよね


この日は土用の鰻の日だったので、
お弁当でも買って帰ろうかとおもったのですが、
すごい車で諦めました。

ジジとババだけをお店に置いて
「食べてきてね!」
と別れたのですが、

帰宅後しばらくして
ピンポン

開けてみると、
タクシーで母がうなぎ弁当の配達をしてくれたのでした。

この日、
仕事先で会食があるといってたパパが
突然早く帰ってきて
「家で食べないなんて言ってないぞ。」
なんていうからアタフタしていた私。

救われました~

そして、
美味しかった~うなぎ弁当。

エビで鯛を釣るという諺がありますが

元祖ガミガミ母さんへ
いつもありがとう










コンテントヘッダー

あきちゃんのオムツ卒業&一人でプール



16日で
三歳一ヶ月になったあきちゃん。

先週からオムツを外して夜寝ています

そして、
なんと

以来一度もまだ失敗なし

これはもう、オムツ卒業認定してもいいですよね

あきちゃん、おめでとう

ゆきちゃんのときは
パパが
三歳になったその日からオムツを外して寝るぞ~って言い出して、
でも冬生まれだから
夜中に何回か起こしたり
大変だったけど、

あきちゃんは、
梅雨明けを待ってはじめたので
スタートは三歳ちょうどではなかったものの
夜中起こしたりしてないんですよ~

こっちも疲れすぎて爆睡してるしね

でも、
あとで知ったんだけど、
夜中起こしたりしないほうが
膀胱がきたえられて、
オシッコまでの感覚が長くなるんですって。

最初は失敗覚悟でやるしかないけどね(*^^*)

でも、
あきちゃんはそういう意味では本当に手がかからない息子です(o^^o)

先週の土曜日もね、
水曜日のプールの日にお休みしたので、
兄ちゃんが空手にいく時間に
あきちゃんは一人でプールの振り替えでいったんです。


「兄ちゃんいないけど、
あきちゃん一人で大丈夫??」
と聞いたけど
「うん。あっちゃん、一人でいける
と頼もしい答えが帰ってきました

まだ三回目といえば、
泣いて泣いて、
プールに入るのを嫌がる子も少なくないのです。

しかも振り替えだからいつもの先生ではありません。

下まで連れていってくれる先生が優しい感じの女性の先生だったので、
あきちゃんもその先生が今日の担当だとおもって、
「おはようごじゃいましゅっ。
よろしくお願いしましゅ。」
ときちんとあいさつをしたというのに…


フタを開けてみると…なんと初の男の先生でした

イケメンの若い先生だけど、
あきちゃんが小さいからといって、
特別扱いはなし。

最初の準備運動のとき
いつもならノリノリで飛び跳ねてるあきちゃんが、
ポカ~んとして、
時々先生の顔を見上げている姿に
「あ、不安なのかな?」
と心配になりました。

でも、
男の先生が怖かったのか
ちゃんとやってる様子。

泣いたりもなし。

いやむしろはりきって、
バシャバシャがんばってました

顔をつけるのもあきちゃんなりにがんばってた様子で、
先生いわく、
鼻のとこまでは顔をつけられたそうです

帰ってきたあきちゃんに話をきくと、
「あのね、
怖い先生やったよ。
あっちゃん、おこられたよ。」

「何して怒られたん?」

「勝手にプール出たらいけんやろって。」

「そりゃ、怒られるわ」
「うん。でもあっちゃん、がんばったよ。しゅごいやろ?」

「うん、あっちゃん、ニイニイもいつもの先生もおらんのに、
えらかったねぇ
本当お利口やったわあ。」

「おりこうやろう~

「花マルよっ








コンテントヘッダー

海~(≧∇≦)



7月21日、日曜日、
家族で海に行ってきました(^o^)

この日、
実は元祖ガミガミ母さん(私の母)の
誕生日だったのですが、
そのことはまた別の記事でUPしたいと思います


さて、海では…
水中メガネの三人が大ハッスル

最初は浮き輪をつけてても、
私に
「ちゃんと持っとって
離さんでっ
とビビって足をふんばってたあきちゃんでしたが、


パパと泳いでたゆきちゃんが戻ってきて
少々強引に
引っ張り始めると…
最初は怖がってたのに
いつの間にか
足を浮かせることもできるようになりました


ゆきちゃん、サマサマ

いつもながら、
本当にいいお兄ちゃんです(o^^o)

あきちゃんは
もうちょっと感謝してもいいかも。

あ、でも感謝はしてるのかな。
夕飯のとき、
「あっちゃんはニイニイと結婚する
って言ってたから(*^^*)


あきちゃんの「ケッコン」は
「兄ちゃん大好き!ずうっと一緒にいたい。」
という気持ちを表した言葉だと思うんですよね…


家の中にいると、
相変わらずおもちゃの取り合いばかりな二人ですが、
外に出ると仲良しで
顔を見合わせて笑いあったり、
見てるこっちも
嬉しくなります(o^^o)

浜辺で休むパパ、ママの足に砂をかけるあきちゃん。

悪さをしてるときほど
満面の笑みです(o^^o)

楽しかったね~


でも、海の後には
パパは睡魔と戦いながらの
一時間のドライブ
ママには洗濯機二回分の洗濯

が待っていたのでした

ついてきて荷物番をしてくれた
おばあちゃんも
お疲れさまでした(o^^o)


オトナは子どもの笑顔のためなら
えんやこらさ~









コンテントヘッダー

カレー&花火


こんばんは

昨日はゆきちゃんの幼稚園のクラスのお友達のお母さんたちの企画で、
市民センターに集まり、
カレーを作って食べたり、
そのあと公園で花火をしたりしました


企画側のお母さんたち、
メールで連絡をしたり、
買い出しをしたり、
本当に大変だったと思います

ありがとう~

みんなで作ったカレーは甘いけどコクがあって
美味しかったなぁ

カレーを作る間、
男の子たちはほとんど戦いごっこやら鬼ごっこをしたりして、

「こら!手伝わないならカレー抜きよっ
ってみんなで叱られたりして。


今朝、
ゆきちゃんが夏休みの宿題の絵日記を書いてたんですが、

「昨日何が一番楽しかった?」
と聞いたら、
ニヤ~っと思い出し笑いをしながら、
「あのね、玉ねぎ!」
との答え(*^^*)

お母さんたちが切った野菜を鍋にいれるように頼まれたゆきちゃんやお友達でしたが、

やってる最中に涙が止まらなくなってしまったことを言ってるらしい

「じゃあこう書いたらいいよ。」
と私が教えた文章に、
ゆきちゃんは「かってに」という言葉を自分で付け加えて…

「なべにたまねぎをいれるとき、かってにめからなみだがでたのがおもしろかったです。」
という文章になりました

そんなことを面白いって思うんだなぁとちょっと意外でしたが、
そこがなんかゆきちゃんらしくておもしろかったママでした。



カレーをたべたあとは、
みんなでたくさん遊んで、
あきちゃんは兄ちゃんたちについてまわってるうちに蚊にたくさん刺されてました

顔だけで五箇所くらい(*^^*)

家を出る前には虫除けしてきたものの、
あきちゃんは特別美味しそうだったんでしょうね…。

お友達のお母さんが持ってた薬をすぐ塗ってくれたけど、
虫除けやかゆみ止めは持参すべきでした~

そのあとは花火。


みんなすごく嬉しそうでした


企画したお母さんが

「みんなさ、小学校入って毎日頑張っとったやん?
やけん、はっちゃけさせてやりたかったんよね~。
最初はビアガーデンって案も出たんやけどさ、
それやと子どもは楽しくないやん?」

って言ってました。
同感


子どもたちにとってはすごく印象に残る
初めての夏休みの幕開けになったと思います

お母さんたちともたくさん話せて、
いろんな話も聞けてよかった!

本当にありがとう














コンテントヘッダー

初個人面談


昨日はゆきちゃんが小学校に入って初の個人面談でした

午前中あきちゃんと郵便局へ行ったり、
本屋に行ったりして、
お昼寝させたのが12時半。

ゆきちゃんの帰宅が13時半。

面談は14時半からなので、14時にゆきちゃんとおばあちゃんに家を任せて家を出ましたが、
あきちゃんは私が15時に家に帰ったころお目覚め

助かりました

さて、面談では…

字も丁寧に書くし、
頑張り屋さんだし、
お勉強がわからないとかではないんですけど…

時々、
本人のこだわりというか、
納得がいかないことがあると止まっちゃいますね

と言われました

よく、わかります。

たとえば…

昨日のこと。

「明日は机の引き出しを持って帰るけん
大きな袋をもっておいでって
先生にいわれた
というので、
入学前に私が初めて作ってやった
クラスで一番大きかったという図書袋を持っていかせたんですが、


帰宅したゆきちゃんが
「今日は大きな袋を忘れたけん、
引き出しを持って帰れんやった。」
というのでビックリ


「だって、あれには入らんやったもん。」

「うそ。横のままでは無理でも、
縦なら絶対入るでしょ。」

「でもそうするとちょっと上が出るもん。」

「上が出ても、肩ひもを長くしてあるから大丈夫でしょ。」

「でもぉ…」

「でもじゃないっ。
だいたい、机自体に取っ手がついてるんだから、
ゆきちゃんのはわざわざ袋に入れなくていいのよ。」

「でも先生が袋を持っておいでって言ったもん。」

どれだけ融通が効かないのよ~

というようなことがあったのですが、
先生に話すと


「そういうことが時々授業中もありますね
そうなると、前に進めなくなります。
でも少しずつ本人が殻を破るしかないですもんね。
で、居残りすることもあります。」

「居残りあの子、居残りしたことも言わないので…」

「普通のお子さんは隠しますよでも、そんなに心配されなくても大丈夫ですよ。」

と言われました

そんなゆきちゃんですが、通知表のコメントには工作で作った亀のことを「みんなのお手本になりました。」とほめられてました。


お友達ともあれからは問題なく、
わだかまりもなくやってるようです

何はともあれ、
明日で一学期終業式です(o^^o)

一学期間、
風邪もひかず、
学校を一度も休まず
毎朝元気よく
「いってきまーす
と言って頑張ったゆきちゃん。


そのことが何よりも素晴らしかった

ご褒美は何かな

一度食べてみたいと言ってたステーキかな

それとも焼き肉かな

本人には秘密で計画を練らなきゃ

またこんな顔させたいね~、パパ
写真は、新しくできたフルーツ屋さんでバナナチョコパフェを食べるゆきちゃんです(o^^o)






















コンテントヘッダー

JAF出動σ^_^;犯人は…


こんばんは

毎日暑いですね~(o^^o)

あきちゃんの熱は昨日の朝には下がり、
元気になったとたんに
歌いまくりのしゃべりまくり

声の大きなあきちゃんに戻りました

「昨日は静かやったねぇ
とみんな思わず笑ったほどでした

そんなあきちゃんですが、
今日はあきちゃんの仕掛けた時限爆弾に右往左往しました


熱が下がったとはいえ、
まだ小さいお友達と遊ばせるのは避けたいので、

ビデオを返しにいったついでに、
あきちゃんの好きなのを借りてやろうか

と思っていたのですが…

車のエンジンを今朝かけたところ、
途中でかからなくなって、
そのままエンジンストップ

何度やってもダメで、

まず車屋さんに電話。

状況を話すと、

まず担当者が休みだし、予約がいっぱいですぐにはいけないこと。
もしもの場合牽引する機械がないこと
を理由に
JAFを勧められました


で、一時間くらいでJAFさんがきてくれたのですが、

バッテリーがあがっていたことがわかりました。


理由としては
「電気の消し忘れが考えられるんですが
心当たりないですか
と聞かれて、
「あっ
と思いました。

あきちゃんです。

後ろのベビーシートに座らせてるあきちゃんですが、

最近なぜか後ろの天井のとこについてる電気のスイッチに手を伸ばし、
つけてしまうんです

乗せるときには気がついて
「こらっ。」
と怒るんですが、

降ろすときには
私が買い物袋をたくさんもって先にいったん玄関におきにいったりすることが多いので

そのすきにまたやってしまったみたいです。

あきちゃんが降りてドアを自分で閉めたら、キーで鍵をかけて家に入るのが、
いつもの私の動きだったのです。

ここ数年、JAFには入ってなかったので
バッテリー修理と
加入代金合わせて…

なんと18000円の出費となりました

痛すぎる~

「あっちゃん、電気触っちゃダメって言ったのに、
またつけたでしよ?
そのせいで車動かなくなったんよ。」
と叱り
「何回口で言ってもわからんなら、
今度はお尻叩いて教えるしかないからね
と言ったら
「いやだ~ごめんさい

と言ってましたが…



叱られても叱られても
なぜか同じことをやるあきちゃん。


これから車に乗せるときはは要注意です


小さいお子さんがいるみなさまも、
車の室内灯には
要注意ですよ~σ^_^;


それにしても…痛い臨時出費です



コンテントヘッダー

大昆虫展



こんばんは

今日朝からあきちゃんの身体がやけに熱いので熱を測ると39度近くあり、
慌てて休日急患センターへいってきました

診断の結果は…
『夏風邪ですね。ヘルパンギーナ。喉にブツブツができてます。』とのことでした。

今日は海水浴に行くぞ~ってパパもゆきちゃんも張り切っていたのに、
残念。

お友達と予定していたランチにも行けなくなってしまいました~

こればっかりは仕方ないね…。

ゆっくり休んで早く治そう


でも、昨日はとても楽しい一日でしたよ

パパは午前中仕事だったけど、
午後からは博物館へ連れていってくれたんです

もうすぐ夏休みというので、
珍しい昆虫の展示がされていました。

これ、すごいですよね。
『昆虫銀河』ですって。すべて蝶々の羽です
ここまではまぁよかったんですが…

タランチュラや、サソリ、15センチくらいある巨大なナナフシ、
ムカデやヤスデなど


途中から気持ち悪くなってきて鳥肌が立ってる私に
『ママ~!こっち来て!ほらぁ。』
とパパや息子たちが声をかけるし、
かなりな拷問でした

カブト虫の幼虫が触れるようになったからって、いい気になってました…。
ごめんなさい
謝るからもう勘弁して~

ナナフシっていうのは、カマキリによく似た感じの虫なんですけど、
とにかくデカイ!

原産国はマレーシアですって。

素敵なイメージの国だったけど、

私は一生マレーシアには行かないことでしょう。

あんなのがブーンって飛んで来たら気絶しそうだから。

そんなわけで、
なんとかこのエリアを脱出

最後に
カブト虫とクワガタが闘う前にガン飛ばしあってるとこを写真に納めました




コンテントヘッダー

三日月と夕焼けと宵待草






こんばんは

最近暑いですね

体力消耗が激しい今日この頃です。

さて、

最近、うちの庭に夕方になると黄色い小さな花がたくさん咲くんです。

で、朝になるとしぼんでしまうので、

これはもしや「月見草」という花ではなかろうか

と思って調べてみました。

すると…

「待宵草(マツヨイグサ)」という花だということがわかりました。

でもね、間違えたのは私だけではなかったみたい。

なんと、太宰治が『富嶽百景』の中で
「富士山には月見草がよく似合う」と書いたことから、
たくさんの人が混乱してしまったんだそうです。

どういうことかというと…

富士山の見えるスポットに、黄色い宵待草がたくさん咲いてるとこがあるらしいんです。

こちらがその画像だと思うんだけど
見れるかな?

本当の月見草は白くて、明け方にピンクになるらしいです。
こちらが本当の月見草なんですって。
可憐な花だなぁ
花言葉は「打ち明けられない恋」

こちらも朝には萎んでしまうため、
ヒルザキツキミソウなるものもあるみたいです。

でも、昼咲いたらすでに月見草ではないような…

きっと品種改良されてできたんだろうけど、人間の欲望の浅はかさですよね。

ほとんどの花は太陽の光を浴びて咲くのに、この花は月の光を求めるように
夕方咲く。

それが神秘的で、
だから昔の人は「月見草」っていうとっても素敵な名前をつけたんだと思うの。

ヒルザキツキミソウには…
たとえ本来のものと姿は同じでも
魂がない

という気がします。


というわけで、我が家の庭に突然この夏登場した宵待草を紹介すべく、
夕方お庭に出ると…


綺麗な三日月と夕焼けに出会いました

写真では、なかなかお伝えできないだろうけど…

一日の疲れもすうっと忘れるほどの素敵な空でした

肝心の宵待草はというと…


ちょっと光ってしまって、黄色い色がわからないですよね…
しかも葉っぱは虫食いだらけ。
ごめんなさい

本当はこんなお花なんです。
花言葉はほのかな恋。
竹久夢二が「待てど暮らせど来ぬ人を
宵待草のやるせなさ  今宵は月も出ぬそうな」
と歌って宵待草とも呼ばれるようになったそうです。





コンテントヘッダー

ニイニイはおりこう


今日はプールの日でした。

あきちゃんは二回目でしたが、
今日もよく頑張っていたとおもいます

ところがプールがおわり、
帰る前に、
ゆきちゃんの先生から
「これ、ゆきくんのゴーグルです。」と渡されました。


帰りの車の中で、
ゆきちゃんに事情を聞いた私は
激怒してしまいました。

というのも、
先々週もゴーグルをなくして、
しかもそれを私にも言わず、
先生にも言わず、
名前も消えてしまっていたのか
ゴーグルが出てこず、

今回のゴーグルは昨年海に行くときに買ったものを
探し出して持たせた二個目だったからです。

「何しよってなくなったの?」
「あのね、あのね、ゴーグルを手でこんなこんなして遊びよる子がおってね、
で、何しよっるんかなーと思って…
「あんたもやったの?
ゴーグルで遊んだのね?」
「うん。」
「ばっかじゃないの?
でも手で持って遊びよるときにはなくならんやろ?
いつ何でなくなったのよ?」
「えっとぉ、置いとって…ね、そんであとでみたらなかった。」

わけがわからんっ

一年生の説明能力がこの程度なのか、
それともゆきちゃんだからこうなのか?

とにかくもう火が出るほど叱り飛ばしました。

ゴーグルをなくすのが二回目であるということ。

しかもちゃんと頭につけてれば絶対なくならないはずなのに、
そのゴーグルをはずして遊んでいたという点。

つまりは、
物を大事にしてないということ。

また、なくなったことを私に報告しなかった点。

パパが帰宅後は、
パパにも事情を聞いてもらって、
ゆきちゃんの申し開きを再度きいてるうちに、
私はまたイライラしてきて、

「おんなじ事をこんな短期間にやって、
それで物をなくしかけるなんて…
あんたは本当に、大馬鹿よ!」

と言ってしまいました。

すると、
黙って聞いていたあきちゃんが横から
私の腕をトントンとつつきます

「なに?」

「ニイニイはバカじゃないよ。」
にっこり笑って人差し指を立てて、
私を諭すようにいうあきちゃん。

私は意地悪く
「バカやなかったら何ね?」
と聞き返しました。

すると…
「うーん…ニイニイはぁ、おりこう
えらいよ。」

「ニイニイのどこがおりこうやとおもうの?」

「うーん、ニイニイはね、ご飯たくさん食べよるしね、
プールも頑張ってたしね、
おりこうなんよ。」

思わず、吹き出しそうになりました。

パパとゆきちゃんと私は目を見合わせました。

「ゆきちゃん、おまえいい弟もっとるなぁ。
あきちゃんなりに兄ちゃん庇おうとしとるんやぞ。
あきちゃんはおまえのこと、
尊敬しとる。
弟の期待に応えてやらないかんぞ。」

「はい。」

最後は笑顔の説諭になりました

ゆきちゃんがいいお兄ちゃんなのは、
ママもよくわかってるんだけどね…。















コンテントヘッダー

バレバレ(*^o^*)?


8日月曜日は朝から公園にいきました。

さくらちゃんという女の子のお母さんに誘われたので、
あきちゃんにつたえると、
「行く!!あー、でもあっちゃんは
かのんちゃんが好きだからぁ、
どうしたらいいかなぁ。」

三歳児のくせに色男ぶってました

ところがいってみると、
さくらちゃんは
「公園はヤダ!児童館行きたい!」
といって、
お母さんの自転車の後ろから降りようとせず…

仕方なくよく公園で一緒になるお友達とあそんでたあきちゃんですが、

自分が持って行った水鉄砲を覗き込まれたとたん、
「さわるなっ。おれについてくるな。」

相手はあきちゃんより半年から一年くらい下の女の子たち。

一度その水鉄砲をもった手を振り上げたので
「あっちゃん!!」
と、驚いて止めに入り、

「こらっ。そんなことするならもうそれはママがもらうよっ。
○ちゃんはあきちゃんよりか小さい女の子なんよ。
そんなことされたら恐いよ!」
と叱って、
「○ちゃんに謝んなさい。」
と言うと、
クシャクシャの顔になって大泣きしながら…

「ごめんなさい。もうしません」
と言いました。

そして「ママ、抱っこ!」

猛暑の中ひっくひっく泣いてるあきちゃんをしばらく抱っこするハメになりました

ゆきちゃんは自分より小さい子が好きで
とにかく優しく手を引いてやったりするほうだったのですが、

あきちゃんはどうやら自分よりも小さい子は苦手みたいです

そんなこんなのあと、
かのんちゃんがやってきました。
あきちゃんのご機嫌はすぐになおって、
涙はどこへやら

さくらちゃんはとうとう児童館へいってしまい、
あきちゃんはかのんちゃんの行くとこ行くとこついていって、
一緒にあそんでました。



それを見ていたママたちは、
「あきちゃんて、もしかしてかのんちゃんのこと好きなんですか?
さっきまでと全然違う~
可愛い~


あきちゃん、
きみの気持ちはもうバレバレみたいだよ…

と思ったママでした









コンテントヘッダー

新ウルトラマン、ギンガ



こんばんは~

数年ぶりに、新しいウルトラマンがドラマで登場するというので、
盛り上がる息子たち。

いよいよ「七月から!」
ってCMでいってたから、
先週の水曜日は期待しまくりでした。


雑誌をお手本に絵まで描いたゆきちゃん
納得がいかず、
何回も描き直したりしてました

上手に描けたので、
写真を撮ってやってたら、
あきちゃんがやってきて、
私が描いてやったゴーバスターレッドに赤ペンでシャシャッと色塗って
「ママ、あっちゃんも撮って


反則だよ、あきちゃん(*^o^*)



それはさておき、
「ウルトラマンギンガ」ですが…

のっけから、
ウルトラマンとウルトラセブンとゾフィー隊長が出てきて、
いきなり過去のウルトラマンを映像で振り返りながらの解説をはじめ…
なんと15分が経ちました。

えっ何、これ。
つまりは総集編じゃん?
今まで、この総集編パターンは何度も
形を替えてみてきたから、
もういいってば。

それより
CMで予告したんだから、
ギンガを早く出しなっ

子ども相手とはいえ、
これは詐欺だっ。

許せん。

と思いつつ、
料理してる間にCMが終わり、

やっとギンガを演じる俳優さんが登場!

でも、
映像流しながらしゃしゃっとなんかまた説明してる。

そして、
「いよいよ来週から俺が主役のドラマが始まるぜ。
みんな!
応援してくれよなっ。」

で、終わっちゃったし…

反則でしょうよ、これは…。

「なんじゃ、これだけかよっ。
もう見とられん。」
と宿題しにいくゆきちゃん。


あきちゃんにとっては、それでも
「ギンガ、出てきたっ
といって、
何回もパパが録画してくれたのを繰り返し見るほど喜んでましたが…。

心中複雑なものがありました。

多分明日も見るんだろうな~。



円谷プロもせっかく作るんならケチケチせず、
ドカンとやってほしいものです


経営厳しいのかもしれないけど、
だからこそ
せっかくスケールの大きいウルトラマンたちを小出しにしないでほしいと思ってしまったガミガミ母さんでした









コンテントヘッダー

ニイニイとおんなじ!



こんばんは

織姫さまと彦星さまは会えたかな~?

さて、
金曜日、
ゆきちゃんは動物園へ遠足へ。

私は午前中、ベルマークの委員会のため学校へ。


というバタバタした日。


あきちゃんは、おばあちゃんに預けるつもりでしたが

「最近一人では自信がないのよね。
私に何かあったら、
あきちゃんに不安な思いをさせるから。
私もくるけど、
お母さんも頼めないかしら?」

とのことで…

ジジとババにも出動要請をしました

前回のときは、
ちょうど誕生日が近かったので、
近くのスーパーで
何かおもちゃを買ってやってほしいと頼みました。

今回は…
足が大きくなってきたので、
17センチの運動靴をと頼みました。

毎回なんかねだってるみたいで、
ジジ、ババには申し訳ない

けど、
九月からはいよいよあきちゃんも幼稚園に入れるつもりなので、
物で釣るのは今回が最後!

「ウルトラマンのついたのでも、
車の形のでも、
好きなのを買ってもらいなさいね!」
といって…


ところが
帰宅してあきちゃんの靴を見てびっくり

なんと、
ゆきちゃんが今履いてるのとほとんど同じ靴を買ってもらってました

「私の願い事が…!」のとこにも乗せた写真ですが、
二人の足元にご注目下さい。

「みて!にいにいのと一緒!」
とニコニコのあきちゃん。
「ちょっと違うとこもあるよ!」
とゆきちゃん。

弟はずっと片思いみたい

でも、
パパが早くてお迎えにいける時は

弟の手を引いてくれるニイニイでした


コンテントヘッダー

あきちゃんの交通安全旗たち運動



こんばんは~

先週の木曜日は初めての交通安全旗たち運動の担当日でした

小学生の子どもたちが通学するとき、
危なくないように
保護者が通学路に黄色い旗を持って立つというものです。

一番の不安はあきちゃんでしたが…


いつもより早く身支度をすませたあきちゃんは、
やる気十分

お兄ちゃんたちと一緒に家を出ました。

そして、
私が「おはよう!」
「きをつけてね!」
「いってらっしゃい。」
と小学生に声をかけると

「おはよう!!」
と大きな声でみんなに声をかけ、
「いってらっしゃあい。
いってらっしゃいませぇ!」
と飛び跳ねながら挨拶をしていました。

小学生のこたちは
そんなあきちゃんをみて、
ちょっと顔を緩ませ、
挨拶を返してくれたり、
「かわいい!」
とお友達と笑いあったり…

ゆきちゃんの幼稚園の先生もあきちゃんに気がついて
「おはよう!」
と声をかけて下さいましたが、
そのときはちゃんと
「おはようございます!」
と言いかえるあきちゃん。

我が子ながらなかなかの世渡り上手になりそうです

20分もつかな?と思っていましたが、
三十分があっという間に感じ、
逆に朝からたくさんの人と
「おはよう!」
を交わして
さわやかな気持ちになりました


コンテントヘッダー

きゃあ!私の願い事が飛んだっ!


こんばんは

あと二日で七夕ですね

先々週のサークルで、笹をいただいたのですが、
その帰りに近所の方からも声をかけられ
またまた笹をいただき、

せっかくだからというので、
数日かけて
子どもたちと笹飾りを作りました

今週のサークルでも飾りを作って
みんなでわけあったので、

我が家の笹飾りは
今年はぐっと華やかになりました


そして、
ようやく雨の止んだ今朝
飾りをやっと外に出しました

ところが…
そのときビューっと一陣の風が吹いてきて、
なんと、
私の書いた短冊をあっという間にさらっていってしまったのです

しかも、
絶対手の届かないどこかのお庭辺りにあっという間に…

きゃああ

私の願い事…

今年に限って
「痩せるぞ!」
ってかなり本気な願い事を、
フルネームで書いてしまったのに~!

こんなことになるなら、
タテマエの願い事でも書いておけばよかったっ。
せめて、フルネームじゃなくて、
「ママ」とか書けばよかった~

と思えども後の祭り…。


ところが!!!


このあと、奇跡がおこったのであります

数時間後
うちを訪れたおばあちゃんの手に、
な、なんと
私の書いた短冊がっ!!!


これを奇跡といわず、
なんというっ???

おばあちゃんいわく、
「なんか、赤い短冊が風に飛ばされてパラパラしてたから、
拾ってみたら
あなたの名前が書いてあるじゃない?」

「でっ、でも、あのとき、すごく遠くに飛んで…」

「風で吹き戻されたんやろうね。
よかったじゃない?
ふっふっ」

拾う神ありっ

おばあちゃ~ん
おばあちゃんが、神様に見えた朝の出来事でした(*^o^*)












コンテントヘッダー

あきちゃんのスイミングデビュー




またまたこんばんは

昨日は夕方からあきちゃんが初めてプールに入る日でした。

三歳になったら、入れるというので、
すごく楽しみにしていたあきちゃんですが、
私はかなり不安でした。


ゆきちゃんがプールを始めたのは五歳のとき。

あきちゃんは今三歳です。

同じ歳の中では大きめとはいえ、
あの深いプールの中ではあきちゃんは足がやっとつくくらいの感じだろうし、
水が顔にかかっただけでも普段は大騒ぎするあきちゃんですから。

でも、家で水着を着たあきちゃんは
「にいにいのと一緒!」
ととっても嬉しそう

行きの車の中でも
「あっちゃん、ばしゃばしゃばしゃーって足でする。
がんばる
と気合い十分でした。

そして、いざ出陣!


昼寝が長すぎてちょっと遅れたため、
ゆき、あき二人を一緒に階段まで送ったのですが、
なんとゆきちゃんがここで
自分一人でいそいで行ってしまい、
あきちゃんは置いてけぼりに

「あっちゃん、急いだらいけんよ。
ゆっくりおりなさい。
すべったら大怪我するけんね!」
というと
「うん。わかった。」
と最後まで慎重に階段を一人で降りたあきちゃん

とても偉かったです

そして、
プールの中では…

初めて入った小さい子は、
大泣きして先生に抱えられているのをみかけますが、
そんなこともなく、
一番小さいながらも先生の手をしっかり握ってプールまで移動。

プールの中でも自分一人で立ってました

すぐ隣の枠の中にいる兄ちゃんを指差し
先生や近くのお友達に教えているふうでもありました。

水に顔をつけるのはどうしても嫌らしく
首を振って拒否。

ビート板を持って歩くあきちゃんの背中に、先生はたくさん水をかけてました。

それでも手で水をぬぐって泣かないあきちゃん。

強かったです

途中プールサイドに座らせられたあきちゃんは、
突然プールサイドに自分で立ち上がり、
先生のすきをついておもむろにゆきちゃんのいる方へと歩き出しました。

先生がすぐ気が付いて、止めましたが
私は「やっぱりやったかぁ;^_^A」と思いました

あきちゃんが「にいにい~!」
と何回呼んでも無視してたゆきちゃんですが、
一度だけ、
泳いであきちゃんのそばまで行って
何かことばをかけてくれたのもみました

さて…

上がってきたあきちゃんが
「もうプールせん!」
といったらさどうしようかと思ってましたが、
帰ってきたあきちゃんは
誇らしげに
「あっちゃん、バシャバシャ~ってしたよっ。
ママ、見とった?
あっちゃん、楽しかったわあ。
また来週プール入りたいわあ。」

担当してくださった先生も、
実はゆきちゃんが初めてのときに習った先生だったのですが、

「お兄ちゃんは最初のころ水をかけたらちょっと泣きよったですけど、
あきちゃんはそれもないし、
ずうっと変身の真似とかしてて
楽しそうやったです( ^ω^ )

兄弟でも違いますね~。
水に慣れるのも早そうです。」

と言われ、
ビックリしました

たくさんの子の初めてに立ち合ってきたはずなのに、
ゆきちゃんのはじめてを覚えていてくれてるなんて…

教師の鑑ですね

あきちゃんもきっとこの先生の元でなら大丈夫だと思いました












コンテントヘッダー

「だいすきよ」「ありがとう」





昨日はあきちゃんが楽しみにしていた体操教室の日でした

一月に一回しかないのに、
そこに持っていく上靴を何度も家の中で出しては履き、
脱いでは大事に治し…

なので、体操教室はルンルン♪でした。

この日は鉄棒などはなく、
ボール遊びをしたり、
大きなバルーンを出してお母さんたちが持った上を歩いたり、
下にもぐったり、
お母さんも一緒にもぐったり、
とても楽しかったです

残念ながら写真はないのですが…

この日の帰り、
途中まで一緒に帰ったお友達と別れて、
スーパーに寄ったのですが、
そこであっちゃんが…

「あれ?かのんちゃんは?」と言い出しました

かのんちゃん、というのは同じサークルで仲良くさせてもらってる同じ歳の女の子なんです。

昨年、サークルの買い物によく一緒に行ったので、
あきちゃんはかのんちゃんが大好きになって、
最近はサークルの帰りに一緒に帰れなかったりすると、
「一緒に帰りたかったのに
と大泣きしてしまうことも。

一緒に帰ったら帰ったで、
お別れがつらくて、
「まだ一緒にいたいのよ!」
と泣く

かのんちゃんの方はというと…
わりとあっさりで、
「バイバーイ!」
と言われたりして

あきちゃんの片想いやねぇって思ってました

なので、
スーパーで
「かのんちゃんは?」と言われたときも
「また始まった…
と思いました。

「あっちゃん、体操教室終わったとき、かのんちゃんのこと置いて走ってきちゃったじゃない。」
と言うと
「あっちゃん、かのんちゃん置いてきちゃったぁ
とショックな顔です。

ところが…スーパーで買い物が終わって
帰るときに
ばったりかのんちゃん親子に出くわしました。

うちの方が早くて、
外で待つことになったあきちゃんですが
普段待つのが苦手なくせに、
この時ばかりは文句一つ言わず、
本当にお利口にじいっと待ってました

そして一緒に帰りました

あっちゃんは上機嫌で、大きな声で歌いながら歩いていました。

分かれ道がきて、
「あっちゃん、ここでお別れよ。」
とおしえると、
「バーイバーイ!」
笑顔で言えました

ところがそのとき、かのんちゃんが小さいこえで
「あっちゃん、大好きよ!」
と言ってくれたのです

上機嫌で歌ってたあきちゃんは気が付かず、私が教えると
「えっ
と驚いて、
もう一度かのんちゃんの見えるところまで戻り、
「ありがとうありがとうございましたっ
まるで、ロック歌手がコンサートの終わりに言うときみたいに
格好つけて
ポーズまでつけてお返事。

ママ二人は吹き出しました。


もちろんまだ異性としての「好き」とかではないと思うのですが、
なんとも微笑ましいやり取りでした










コンテントヘッダー

ケーキ屋さんの最後の日




こんばんは

早いもので六月も終わりましたね


今年の六月最後の日、


それは、うちがずうっとお世話になってきたケーキ屋さんの最後の日でした。


家族の誰かが誕生日のときには、
必ずここのケーキを食べていました。


「手つなぎペンギン」のところでもかきましたが、
ここのおじさんはケーキを作って50年だそうです


50年


すごいですよね~


最後の日だから、


おばあちゃんやゆき、あきと一緒にたくさんショートケーキを買って帰りました

いちごのオムレットは
外のスポンジが驚くほどフワフワ
中にはたっぷり生クリーム
でもいちごが入ってるから甘すぎず、
本当に絶妙で、
二個くらいペロリといけちゃう美味しさでした。

いちごのレアチーズケーキ
見た目は「えっ?これがレアチーズケーキ?」
って思いますよね
土台に薄いチョコレートが入ってたり、
最後まで驚きのレアチーズケーキ

こちらはモンブラン。
これも可愛いですよね!
こんなモンブラン、見たことないです。
味は…
パパが食べてしまったので、ご想像にお任せします。


そのあと、
息子たちと一緒にお花屋さんに行きました。


ゆきちゃんが選んでくれたカーラーと赤い薔薇とトルコ桔梗の花束を作ってもらって、
ゆきちゃんがメッセージを書いて…


50年、がんばってきた最後の日なんだもん。


こんなサプライズがあってもいいよね

おばあちゃんが渡しに行ったら、

おじさん、飛び上がって喜んでくれたそうです

よかった

今まで、素敵な美味しい時間をありがとうございました













コンテントヘッダー

パパの出番?3

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
プロフィール

モカモコモコ

Author:モカモコモコ
はじめまして!
小1の長男、六月で三歳になった次男、二人の息子の子育て日記です。毎日ガミガミいってるけど、そんな私が子育てを通して感じたこと、ほっこりしたことを主に書いています。
小さな幸せを大事に大事に積み重ねていきたいなあ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
536位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR