FC2ブログ
コンテントヘッダー

大掃除

 
おはようございます
 
とうとう大晦日ですね!
 
書きたいことはたくさんあるのですが、
なかなかそこまでいきません。
 
 
昨日はお天気だったし、
少しあったかかったので、
大掃除がんばりました
 
息子たちも窓拭きのお手伝いしてくれましたよ
 
掃除なのに、なんだか嬉しそうな息子たちでした
 
 
昨日はゴミ出しもあったので、
出してきたついでに、
玄関の中、外の掃除も終わらせました
 
 
そしたらパパが買ってきた正月飾りをつけてくれました。
 
 
一昨日はカーペットを上げて、
その下を
息子たちと一緒に拭きましたが、
すごい茶色い汚れに
びっくり
 
 
カーペットの下に土ぼこり?
 
ひえ~、
こんなとこで生活していたとは!
 
 
 
まだまだ、
完璧からは程遠い散らかり具合ですが、
あきらめず、
今日も一日頑張ります
 
それではみなさま、
よい年をお迎え下さい
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

クリスマスの朝

 
こんばんは
 
クリスマスの記事にたくさんのコメントを寄せて下さって、
ありがとうございました
 
みなさまのコメント、
サンタさんの様々な考え方やエピソード
ひとつ一つに夢があって、
読んでてとってもと~っても癒されました☆
 
 
みなさん、ありがとうございました
 
 
クリスマスの朝、
サンタさんの手紙を読む子どもたちです。
 
 
二人には
絵の具と筆と色鉛筆を購入していましたが、
ばーばがあきちゃんの欲しがってた
ウルトラマンギンガブレス
を買ってくれたので、
 
兄ちゃんにも釣り合いをとるために
ポケモンのボードゲームを買ってあげました。
 
6000円くらいするやつが、
直前だったからか
2000円にまで値下がりしていました
 
 
もともとうちでは、
あまりポケモン自体を
よしとはしていません。
 
ポケモンファンの方がいたら
ごめんなさいね!
 
でも、
なんだかね、
ポケモンってあまりに都合のいいペットという気がして…。
 
 
 
でも、
ふだんからわたしたち夫婦がそう言ってるので、
袋からポケモンのボードゲームが出てきたら、
兄ちゃんも
「サンタさん、いたんだ!」
となりました
 
 
空手を習いはじめ、
 
自分で戦う怖さも、
痛みも知ってる兄ちゃんなので、
 
もうポケモンを見せても
問題ないだろうし、
 
遊び道具としてなら
悪くないかな?
と思って(*^_^*)
 
何はともあれ、
サンタの秘密は今年も守られ、
ママは重責を果たし、
ほっとしています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンテントヘッダー

あわてんぼうでおしゃべりなサンタさん

 
今夜はクリスマスイブですね
 
世のお父さんやお母さんはみんな大わらわですね
 
 
かくいう私もちょっと大変でした。
 
 
だってね、
うちにはあわてんぼうのサンタさんと、
おしゃべりのサンタさんがいるんです
 
 
あわてんぼうのサンタさん…
パパのことです。
 
11月にプールで息子たちが昇級をはたし
あきちゃんが飛び級
兄ちゃんも無理と思ってたのを合格できたときに、
 
「よし!お前ら好きなものを買ってやるぞ!」
あきちゃんにギンガスパーク
兄ちゃんには自転車を買ってやったのでした。
 
あげくの果てにいうわけですよ。
 
「うちには、もうサンタさんは来んやろうな。
でも、人からもらうより、自分で勝ち取るほうが、
何倍も偉いんだぞ!」
 
いやいやいや、
ちょっと待ってよ~
 
サンタさんは子どもの夢でしょう
 
みんなのお家にサンタさんがくる日に、
うちだけ来ないなんて、
それは一体なん罰ゲームなんでしょう
 
パパの言ってることは、
一面の真理ではあるけれど、
ママとしては、
まだ三歳のあきちゃんがサンタさんを信じる気持ちを
守ってあげたい
 
とママはパパに抗弁するも
一向に話は通じない。
 
 
昨年まで、
こんなことはなかったんです。
 
 
つまり我が家では、
兄ちゃんが幼稚園のときまでサンタさんは
ちゃんといました。
 
なら、
せめてあきちゃんが幼稚園出るまでは
サンタさんは
守らないと
 
 
で、おばあちゃんにこのことを話したわけです。
 
 
おばあちゃんにもらったものを
サンタさんが持ってきたことにして、
当日まで隠しておく作戦にしようと…。
 
 
打ち合わせはバッチリのはずでした。
 
 
おばあちゃんには、サッカーのボードゲームにしました。
 
これなら、2人で仲良く遊べるし。
 
ところが…
 
おばあちゃんがそれを
 
持ってきてくれたタイミングが問題で
 
バッチリ二人がいるときに、
 
大きな箱にクリスマス包装された袋をぶら下げて来ちゃったもんだから、
 
息子たちも感づいて、
 
「これ、何が入ってる?ぼくたちのプレゼント?」
 
 
この段になって
「いや、これはちがうのよ。
モカモコモコさん、クリスマスまで隠しておいてね。」
 
 
わざとなの?っていうくらい
 
自然と大事なことしゃべってるし…
 
 
それだけならまだしも、
「仮面ライダーのカレンダー予約しとるけん、
それを枕元に置いとったら
いいんじゃないと?」
という相談を、
兄ちゃんが近くでテレビみてるときにしてきたり(*^_^*)
 
おばあちゃんは聞こえてないと思ってるようですが、
子どもは聞こえないふりで
見たり聴いたりしてるもの。
 
 
だから!
それを、
子どもたちの前で言わないでってば~!
 
 
叫びたくなるママでした
 
 
決して勘がいいとはいえない兄ちゃんが
最近は…
 
「本当はサンタさんはパパなんだよ。
だって、全部鍵かけてんのに、
どうやって家の中に入るの?
どう考えたっておかしいよ。」
と言いはじめたのも、
仕方ないですね…。
 
 
しかも、うちのサンタさんは
子どもたちに毎年手紙を書いてくれます
 
もちろん日本語です。
 
あきちゃんは?の箱に入ってた昨年のサンタさんからの手紙を
何度も「読んで!」
と持ってきて、
嬉しそうに聴いていました。
 
 
しかしそれにも兄ちゃんが、
 
「だいたいさぁ、サンタさんは外国の人やろう?
日本語で手紙書ける自体おかしいよ。」
 
と、難癖をつけはじめ…
 
 
昔は「サンタさん、見ててくれたんだ!」と可愛いかったのに
 
このリクツっぽさは…
 
この親にして
この子あり
 
 
そんなこんなで、
今朝はおばあちゃんに一時間ほど
あきちゃんをあずかってもらって、
隠蔽工作のために
奔走してきたママです。
 
 
サンタさんからのお手紙は、
迷いましたけど、
やっぱり書きましたよ。
 
恒例ですもの。
 
でも、最初の言葉だけは英語で書きました
 
ってね!
 
何はともあれ、子どもたちが寝たあと
最後の仕上げです☆
 
 
 
みなさまも、
すてきなクリスマスイブを
お過ごし下さい
 
 
コンテントヘッダー

初試合2

パパが三脚を立てた場所は、
三階席の一番上でした。
 
試合の様子もここからならよく見えそう
とおもってたら、
子どもたちが集合したとたん、
大人たちもみんなわらわら
下へ移動するじゃありませんか。
 
なんでやろう?
 
よくわからないながらも、
「私も一応下に行ってみるわ。」
というと、
にこやかに手を振るパパ。
 
どうしてもパパはカメラから離れたくないらしい…。
 
兄ちゃんとあきちゃんといっしょに試合をみていましたが、
トーナメント表には
兄ちゃんと相手の子の名前のところに
「一年生11」
と書いてあって、
 
私は
「一年生の11試合目かぁ。
これは始まるの一時間か二時間後やな?」
と思ってたんです。
 
そしたら
同じ道場のお母さんが
あせって
「よばれましたよ!」
と教えてくださったのでした。
 
11は、全体の11試合目という意味だったんですね…。
 
セーフ(*^_^*)
 
 
試合が始まる直前、
あきちゃんが
「パパんとこ行く!」
といってしまったので、
 
私は心置きなくビデオ撮影できました
 
試合直前の様子。
 
赤いヘルメットみたいのを装着しているのがうちの息子です。
 
あっという間に試合が始まりました。
 
相手は小柄な男の子でしたが、
兄ちゃん押されてる。
 
思うようにパンチやキックが出ないようす。
 
色帯でも上のほうの子達の試合と違い
二人ともの動きがまだ
空手っぽくありません。
 
たとえるなら、
夢の中でもみあってるような、
まどろっこしい感じ。
 
手も足も
重たくて走ってるのに走れないような
あの感じ。
 
わかりますかね?
 
2人の動きが私にはそんなふうに見えました。
 
「ゆきちゃん、パンチっ!手を出してっ。」
思わず叫びました。
 
すると「あ、そうだった。」
というように兄ちゃんがパンチ、
したように見えました。
 
相手の子が兄ちゃんを拳で押して、
どんどん下がった兄ちゃんは、
尻餅をついてしまいました。
 
だけど
そのとに審判が相手の子に注意を与えたので、
「あ、勝てるかも!」
と思いました。
 
ところが結果は、
まさかの判定負けでした…
 
納得いかない思いでしたが、
三人いる審判のうち、
二人までが白にあげていたところをまると、
やはり他で優っているところが
相手の男の子にあったのでしょう。
 
 
大声で悔し泣きしながら
兄ちゃんが私のところへ
走ってきました。
 
 
悲痛な泣き声に、
私も涙が止まりませんでした…
 
 
 
 
そんな試合から一週間がすぎました。
 
 
昨日は稽古日でした。
 
 
 
練習中のレクレーションで
リレーがありました。
 
兄ちゃんの笑顔を見られて、
ホッとしたママでした
 
 
コンテントヘッダー

初試合1

 
先週の土曜日は、兄ちゃんの初めての空手の試合でした
 
何をやるにも前向きな兄ちゃんですが、空手の試合だけは怖かったとみえて
 
「試合、出るのいやだな。
出たくないな~」
 
珍しく弱気な発言を何度となくしていて
その度パパが、
何やら説得していました(*^_^*)
 
そしていよいよ当日。
 
私は前日の稽古で洗った胴着に、
ゼッケンを縫い付けました。
 
 
朝から入退場の練習をしたりして、
お昼をすませて出発しました。
 
対戦相手の子は同じ一年生です。
 
だけど、身長も体重もうちの子のほうが大きい。
 
固まらず自分を出せたら
勝てるのでは??
 
と淡い期待を持ちました。
 
行きの車の中での会話↓
 
ゆき「買ったら寿司食いに行きたい!
回転寿し!」
 
パパ「よし、回転寿しやな。勝てよ。」
 
ゆき「回転寿しのために、絶対勝つっ
 
会場についてからの兄ちゃん。
 
まだこのときは、余裕が、ありますね
 
 
気合い十分!
 
 
始まる前、
会場では全体の受付が終わってパンフレットをもらうと
 
先生方は
たくさんある試合の準備があるので、
学校のように
手取り足取り教えてはくれません。
 
着替えたあとは
どうすればいいのか?
 
どこにいて、
どうしてたらいいのか、
どこに並ぶのか。
 
全然わからない
 
とにかく周りをみて、
 
道場の子たちのそばにいるしかありません。
 
 
道場の先輩主導で、
みんなで輪になっての準備運動がありましたが、
あとはフリーのよう。
 
お父さんとミットを持って
キックやパンチの練習をする子もいました。
 
私は、興奮して会場を走りたがったり、
兄ちゃんに戦いを挑もうとするあきちゃんを抑えながら
兄ちゃんのそばにいましたが、
 
「ママ、あきちゃん連れて席に戻っとってよ。」
といわれ、
席に戻りました。
 
そのころパパは…
カメラの三脚を立てて
ひたすらカメラ調整
 
兄ちゃんに目を戻すと、
練習している子たちのなかで
組む相手もなく
不安げに一人ポツンと
立っています。
 
「パパ!行ってあげてよ。
初めての試合でただでさえ不安なんだからさ。
だれかそばにいてあげなきゃ。」
 
とわたしがいうと、
パパはしぶしぶ重い腰を上げるものの、
またすぐ戻ってきてしまいます。
 
「なんで戻ってきたのよ。」
 
「○○くんたちと楽しそうに遊びよったから。」
 
それでもそばで立ってなさいよ~!!!
 
パパがそばでみていてくれる。
 
そう思えばこそ、
安心して遊べるのに、
なーんでそれがわからんかっ。
 
「ちょっと身体動かして練習させてやったら?」
「今ごろここでそんなんしても
意味ない。」
 
 
いやいや、意味あるでしょ!
緊張をほぐすという大事な意味が
 
 
試合前は胴着の下にパールカップという防具をつけるので、
初めての兄ちゃんには
トイレもしずらいんです。
 
だから「ついていってやって。」
というのに
「あそこはスリッパに履き替えんと
いかんからな、
ついていっても中まで入れんのや。
おう、一人でいけるやろ?」
 
 
ところが結局
また戻ってきて
「パパぁ、ついてきて。」
と頼む兄ちゃん。
 
そこでやっと重い腰を上げるパパ…
 
 
もう始まる前から
こっちの血管が切れそうでした…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンテントヘッダー

じーもサンタ

 
育児サークルのクリスマス会、
なんとか無事に終わりました
 
昨年はあきちゃんも一緒でしたけど、
今年はママひとり。
お手伝いへ。
 
 
今年は司会とかしなくていいから
気軽に構えてたところに
リーダーさんとこのSOS,
 
急きょ司会のピンチヒッター
 
焦りました
 
 
でもなんとか、
終わりました(*^_^*)
 
 
地元のゆるキャラ、
じーもサンタも来てくれました
 
 
出番待ちのじーもサンタが、
ソファでくつろいでる姿に
なんとも癒されました
 
みんなで「赤鼻のトナカイ」を踊った時
昨年よりじーもが昨年より踊れるようになってて
すごく感動しました
 
 
間奏のところは、
自分で適当にふりつけして、
踊ってるんだけど、
可愛くて、
子どもたちにモテモテでした。
 
しかし、
こんなにじーもが踊れるようになったのは、
ふなっし~の影響かも
 
 
そのうちしゃべれるようになるんじゃないかな
 
 
余談ですが、
 
 
あきちゃんと同じ歳の女の子がサークルにきていて、
 
 
「あきちゃんはどうしてサークル来られんくなったん?」
 
というので、
「幼稚園に入ったからだよ。」
と答えたんです。
 
そしたら、
何を思ったか自分がサンタさんからもらったお菓子をもってきて、
 
「あきちゃん、クリスマス会のお菓子もらえんから可哀想やん。
はい、このウエハースあげる!
あきちゃんのお兄ちゃんの分もね。」
 
と、二本くれそうになりました
 
あわてて、返しましたけど、
 
まだ三歳なのに、
 
少ししか入ってない自分のお菓子を分けてくれようとするその気持ち。
 
しかもあきちゃんのことだけでなく、
 
あきちゃんのお兄ちゃんのことまで考えられるなんて…
 
 
なんだか私のほうが
 
教えられました
 
 
さくらちゃん、素敵なプレゼントをありがとう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンテントヘッダー

おもちゃも戦ってた!

おはようございます
 
今日は、息子たち2人が通った子育てサークルのクリスマス会です
 
 
ところが、ここ最近流行った嘔吐下痢のため、
リーダーさんとこ息子ちゃんが2人ともやられた模様。
 
 
突然司会を頼まれたモカモコモコです(*^_^*)
 
 
そんなわけで、
大急ぎでバタバタ片付けようと思って
ふと、
息子たちが行ったあとの、
居間をみると…
 
 
ウルトラマンたちが、
怪獣たちと
対戦中でした
 
なんか、ちょっと和みました。
 
 
さあ、今日も一日頑張りましょう
 
コンテントヘッダー

初試合までのこと。

 
今日は小春日和です。
 
おばあちゃんの家の引っ越しも落ち着き
久しぶりに我が家の布団を干し、
メダカの水槽を洗いました
 
 
今日は兄ちゃんの空手のことを書きますね。
 
 
昨日は兄ちゃんの空手の初試合でした。
 
 
でもその試合のことを書く前に、
それまでの道のりを
書かせて下さい
 
 
 
十月に昇級試験が終わり、
オレンジ帯になったばかりですが、
いま、どの程度まで
進歩しているのか、
はかる目安としても
一度出ておくべきだ。
 
とパパは思ったみたいです。
 
 
試合に出るときまってからは、
組手の稽古でも
今までのような手加減の組手
ではなくなりました。
 
 
なので、
ガード(防御の手)が下がれば
相手のパンチやキックを
おもいきり
食らってしまうのです。
 
 
痛みに慣れていない息子にとっては、
これは衝撃だったと思います。
 
 
最初は稽古の途中にわんわん声をあげて
泣いていたようです。
 
 
だけど、三週間前の稽古では、
指の爪から血がにじんで
泣かずに
最後まで強気で稽古を遣り通したとのこと。
 
その日パパが撮った写真です↓
今までみたことのない表情です
 
先生にも
「心が強くなりましたね!」と褒めていただきました。
 
 
ところが先週、
私とあきちゃんが珍しく
最初から最後まで
稽古を見ることができた日、
 
組手の稽古の途中から
号泣しはじめました。
 
 
泣きながら相手の子にどんどん気圧されていく息子。
 
先生は
「きみの強みはなんだ!パンチだろう!
こぶしを出せ!」
と言ってくださってました。
 
終わってからは
相手の男の子に、
「お前は相手の状況が見えてない。
追い込みすぎや。
お前が先輩なんやから、
もう少し手加減できる余裕を
持たないと!」
と…。
 
でも、私はそれを見ていて
申し訳ない気持ちになりました。
 
だってね、
相手のお子さんも、
まだ四年生。
すごく気の優しい子なんです。
 
組み手でも本当に本当に優しくしてくれてて、
先生に
「それじゃあ○○くんの練習にもならんから、
もっとちゃんと当ててやれ。」
って言われたことがあるくらい。
 
 
その子からしたら、
「おれ、どうすればいいの。」ってなると思います。
 
 
以前の記事にね、
「もし稽古中泣く息子をみたら、
私は冷静でいられるだろうか?」
と書きましたけど…
 
逆に
練習が終わった息子に
ひとこと言わずにおれませんでした。
 
「ゆきちゃん、あんた
いつまで練習中になくつもりなん?
あんたが泣いたら
相手の子はめちゃくちゃやりにくいよ?
たった一分半だよ。
その間くらい涙こらえなさい。
ウルトラマンが戦う時間より短いんだよ?
途中で泣いたら、
力抜けちゃうでしょ?
泣いててパンチとかキックできるの?
自分もやらないと、
受け続けてたらもっと痛い思いするんだよ?
しっかりしなさい。」
 
 
ひとこと…ではありませんね(*^_^*)
 
 
待ってる間、考えたのですよ。
 
私の役割。
 
今泣いてる息子を抱きしめて、
 
「よく頑張ったね!」って言ってあげるべきなのかな?って。
 
だけど、
 
それをやったら
 
稽古中これからも毎回
きっと私のとこにきて
泣くでしょう?
 
慰めてもらいながら泣くのは
心地いいものですから。
 
でも
それでは息子が
ダメ男になってしまう。
 
 
母は厳しい母でいようと
思いました。
 
 
本当は、
息子の泣き声が聞こえたとたん、
私の目にも涙が盛り上がりかけました。
 
 
だけど
奥歯を噛み締めて深呼吸。
 
 
世の中は厳しい。
 
 
怖いひともたくさんいる。
 
 
身を守るすべを身につけさせるためにも
 
 
気の弱い息子を守るためにも
 
 
習わせるときめたんだ。
 
 
そう思って…
 
 
なんとか気を鎮めました。
 
 
息子は…
 
泣きながらも私の言葉に頷きました。
 
 
記事にするまでに時間がかかったのは、
私自身の心の葛藤を整理するのに
時間がかかったのもあります。
 
 
だってね、
 
その晩おそく、
 
息子が吐いたんです。
 
ご記憶の方もいるかと思いますが、
息子は嘔吐下痢にかかり、
治ったばかりだったんです。
 
 
木曜日に早退。
金曜日に学校を休んで
土曜日の午後からの稽古の日のことでした。
 
 
金曜日は一日ゆっくりしていたからから
吐いたり下痢したりもなかったんです。
 
土曜日も朝、昼、晩まで吐いたりしなかった。
 
それなのに、
寝る前になって、
急に吐きました。
 
見た目はすっかり元気に見えました。
 
だけどまだ完璧ではなかったんです。
 
 
せめて、この週くらい
稽古を休ませてあげるべきでした。
 
おばあちゃんが
「今日練習いかせるの?」ときいたとき
パパが「当たり前やろ!」
と答えたとき、
私は横から止めませんでした。
 
 
病み上がりで頑張った息子に
私はさっきのような
厳しい言葉をかけてしまったんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンテントヘッダー

希望の朝がきた

 
今日も一日終わりましたね(^o^)
 
そして、みなさん一週間お疲れさま☆
 
そんな時間に朝の記事でごめんなさい
 
 
 
今朝ね、幼稚園バスがくるバス停に送って行く道すがら、
 
 
あきちゃんが歌うんです。
 
「き、ぼ~の、あっさ~がきた~
 
何度も何度もそこばっかりね。
 
 
最初はぼうっと聞いてた私。
 
 
ふと考えました。
 
 
いつの間にか、「希望の朝」どころか
「あーあ!もう朝だ~」
になってたなあって
 
 
今朝はとっても寒かったしね。
 
 
やっぱり寒くなると、余計朝が辛いですよね
 
 
え?寒くなくても朝は…って?
 
 
まったくです
 
 
この歌はたしか昨年ゆきちゃんが幼稚園の卒園式か何かで
歌った歌の一節でした。
 
題名は忘れてしまいましたが、
なんだかあきちゃんのエールをもらったみたいで
朝から気合いが入りました
 
 
空を見あげたら、
綺麗な朝焼けが
 
 
空が金色でした
 
明日もみなさまに
「希望の朝」が訪れますように!
 
 
 
 
 
 
 
コンテントヘッダー

疲れたときは

 
昨日の出来事です。
 
 
おばあちゃんの家に足りない細々とした生活用品やお弁当を買いにスーパーへ行って、
レジに並びました。
 
 
もうすぐ子どもたちも帰ってくる時間なので、
お弁当もかっこまないとな~なんて考えていたら、
 
 
レジの女性が私の顔をチラリとみて、 
「疲れてますねぇ」
 
ハッとして顔をあげたら、
以前も話しかけてくださった方でした。
 
あのときは、
「今日はお一人ですか?」ときかれ、
「え?」と聞き返すと、
「いつも元気のいい可愛い男の子2人連れてらっしゃるでしょ?」
って言われた…
 
あのときのことも過去記事で書きましたが、
今回も同じ方でした。
 
「言われちゃったな~
と苦笑いしたら、
 
「疲れたときは、
美味しいものをたべて、
ゆっくり休むのが一番ですよ☆」
 
レジを打ちながら、
さりげなく、
言ってくださいました
 
 
ほんわり、じんわり…
 
 
その人の優しさが身にしみました
 
 
 
 
コンテントヘッダー

作品展

こんばんは
 
おばあちゃんの引っ越し、
無事完了しました
 
 
広くて綺麗で、明るくて、素敵なお家になりそうです。
 
 
明日はまたありますが、
一段落した~
 
 
そんなわけで、
土曜日の話をします。
 
 
土曜日、あきちゃんの通う幼稚園の
作品展がありました
 
たくさんの絵や作品があって、
驚きました~。
 
左側のあきちゃんの後ろにあるのが、
あきちゃんの作品です。
 
特に真ん中の「はじきえ」というのが、
淡い色合いで綺麗だなとおもいました。
 
先にクレヨンで絵を描き、
その上から水彩画で色をつけるんだそうです。
 
そうすると、クレヨンが絵の具の色を弾くので、
面白い絵が描けるんですね。
 
先生に説明を聞いて、
やってみたくなりました
 
右側のシュールな漫画みたいな絵の題名はなんだかわかりますか?
 
 
はいっ、
あたったら豪華商品が
 
 
…というのは、
嘘ですが、
 
題名は「お母さん」でした。
 
ちょっと前に「ナイショ話とブレスレット」という記事で、
先生があきちゃんにナイショ話をした話を書きました。
 
内容をあきちゃんはどうしても
教えてくれなかったんです。
 
でも、先生が話したのは実はこのことだったみたい。
 
先生は、「明日お母さんの絵をかくから
お母さんの顔をよおくみておいてね!」
といっていたというのが、
先生に教えてもらって
やっとわかりました
 
でもなんか顔がいっぱいあるなぁ。
 
どうやらあきちゃんは、
ママだけでなく、
家族みんなの顔を描きたくなったみたいです。
 
他の子はみんなお母さんだけ描いてるのにね(*^_^*)
 
家族みーんな大好きだから
えらべなかったんだね。
 
「ママはメガネをかけてるから」といって、みんなの目も全部丸で囲んでたらしいです
 
一番顔が大きいのがママで、
となりでママをみつめてるのはあきちゃん。
 
あきちゃんの頭の上の小さい顔はパパ。
 
おばあちゃんとニイニイも
小さいけどちゃんと画面上のほうにいます。
 
パパが「アキらしい!」とほめてたのはみかんと芋の絵。
右側がみかんです。
ヘタが飛んでておもしろくて、
ダイナミック!
芋の絵は…割愛します(*^_^*)
 
左下のシュールなオブジェの題名は
「ぞう」だそうです。
 
 
子どもの発想は面白い
と改めて思いました
 
そして、そんな子どもたちの発想を自由に引き出しながら
作品へと導いてくださる
幼稚園の先生たちに脱帽です
 
 
コンテントヘッダー

おばあちゃんの引っ越し

おはようございます
 
今日はね、おばあちゃん(義母)のお引越しです
 
今まで、うちからバスで40分のところに住んでたおばあちゃん。
 
二年ほど前から、
近くに越してこない?って言ってたんだけど、
なかなか首を縦に振らず。
 
まあね、
こっちには鬼嫁がいますから…
 
いや、本当なんですよ。
 
いっとき、
同居してたことがあるんです。
 
でもね、
息がつまりそうで、
お互い爆発してしまいました
 
 
で、別居したのは
兄ちゃんが二歳になる前のことでした。
 
おばあちゃんは自分が生まれ育った場所へ。
 
 
そんなこんな
いろいろありましたけど、
 
今年はようやく首を縦に振ってくれて、
十月から近所を探していました。
 
息子たちを送り出したあと
いろんなとこを一緒に見てまわりました。
 
でも、
高齢だからなかなかね、
大家さんや管理会社が断るとこも多くて
 
でもやっとみつかったんです。
地元の古い不動産屋さんに頼ったのがよかった!
 
うちから私たちの足なら五分
おばあちゃんなら十分くらいのとこで、
2LDK
 
兄ちゃんがよく遊びにいく公園のそばでもあります。
 
お年寄りの集まる市民センターからは
歩いて五分くらい。
 
スーパーも近い
 
ここが決まったとき、
それまでのとこがきまらなかったのは、
神様の計らいだったのかなと
思いました
 
 
そんなわけで、
昨日は朝からおばあちゃんの家にお手伝いに
 
 
先週いきたかったけど、
学校行事やら兄ちゃんの嘔吐でいけなくなり、
はじめて行って…
 
あまりの埃にくしゃみと鼻水が止まらないというのを
はじめて経験しました~(*^_^*)
 
 
しかもおばあちゃんは全然平気みたい。
 
慣れってすごい
 
 
でも歳をとると、
掃除機をかけるのも億劫なんでしょうね
 
 
これからは週に何度か
お掃除に行かないとね
 
 
親戚の方には…
「一人暮らしさせること自体が間違ってる」ときついことも言われました。
 
 
うん、たしかにね。
 
でも、わたしにはそこまでの度量がないことはすでにわかっているしね。
 
 
そして、多分
おばあちゃん自身にも避難場所が必要なんだと思います。
 
 
お風呂は付き添い、
朝食と夕飯はこっちで一緒にする。
 
 
となると、
私の自由時間は確実に減りますね。
 
 
いや、まぁ
工夫できる余地はある。
ダラダラを減らすべし!ですね。
 
とにかく、
倒れない程度に
頑張ります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンテントヘッダー

親子DEダンス

こんばんは
 
兄ちゃんはまだ便はちょっと下痢ぎみではあるものの、
明日は学年にもいけそうです。
 
そんなわけで、ちょっと先週の話に戻しますね~
 
先週の水曜日は学年の親子交流会でした。
 
それぞれの学年で、
ドッヂボールやダンスなど
催しは異なります。
 
 
一年生は親子でピップホップのダンスをするというもの。
 
このわたしがピップホップをする日がくるなんて
 
 
午前中もどうしても出ないといけない用事があったので、
バタバタ五分くらいで昼食をたべ、
ギリギリに家を出たら、
近所にすむ一年生のお母さんとバッタリ
 
「ギリギリですね。走りましょうか!」
と二人で笑いながら学校までダッシュしました。
 
バレーをされてたというそのお母さんは
息も切れてませんが、
私はぜーは~
 
こんなんで踊れるのかと疑問が浮かんだけど、
 
いやいや、ものは考えよう!
 
「準備運動バッチリやね~、私たち。」
といってみました。
 
「はっは(^o^)
そうですね~!」
とそのお母さん。
 
くそー、笑顔が余裕すぎて眩しかったです
 
 
さて、到着すると、
息子が列に並んだまま後ろを向いて、すぐ私をみつけ、
「ここ!ここ!」
 
ギリギリで、ハラハラさせちゃったね!
ゴメン。
 
さて、内容は
なんと天下のEXILEの「ライジングサン」で踊るというもの。
 
ステップが…
 
すでに最初のステップがわからん!
 
 
あせったけど、
息子の顔を見たら、
そんなのどうでもいいやと思いました。
 
最近には珍しいくらいの、
弾けるような嬉しそうな笑顔
 
最近、前歯が二本ないせいか、
素直に笑わないんです。
 
そんな彼が、
なんかもう子犬のように、
めちゃくちゃ嬉しそうに、
私にじゃれるように、
ハイテンション。
 
いつも、
私を独占してるあきちゃんがいないからかな。
 
昔、まだあきちゃんがいなかったころ、
サークルで一緒に親子遊びしてたときのことを思い出しました。
 
弟の前だから
普段は格好つけてるけど、
まだまだ、
可愛いな~
 
と思いました。
 
ちなみに彼のヒップホップダンスはどうだったか?というと…
 
 
右、左を絶妙なタイミングで間違えてくれるので、
 
親子で手をトンと打ち合わせられるはずのとこが
 
ほとんどできないっていうね(*^_^*)
 
 
相変わらずの天然くんぶりを発揮していました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンテントヘッダー

おかげさまで

こんばんは
 
おかげさまで、兄ちゃんの嘔吐は今回は軽くすんだようです。
 
 
昨日は少しでも何か口に入れると吐いてしまう感じでしたが、
 
今朝は雑炊を食べても吐きませんでした
食後に兄ちゃんが
「うちのツリー星がないよね!」
というので、
一緒にホームセンターに買いに行ったりもしました
 
昨年買ったはずなのに、どうしても星だけがないんです
 
 
結局ホームセンターにはなくて、
スーパーの二階に100円で売ってた
残り一品を
購入
 
ついでに雪にする綿も買いました
 
見違えるようになりましたよ
 
 
そうそう。
 
昨日初めておばあちゃんと一緒に帰ったあきちゃんですが、
まったくおばあちゃんを困らせることなく、
兄ちゃんを心配していたんだそうです
 
わたしは昨日の朝
「あきちゃんが帰るときまでにツリー出しておくね。」と
約束してたのに、
守れませんでした。
 
それでも
「ニイニイがゲェしたんやけ仕方ないね。
あとでママに出してもらおうね。」
と言っていたとか。
 
 
今日あきちゃんが幼稚園バスを降りて帰る途中も、
あのお地蔵さまに、
わたしが手を合わせて
 
「おかげさまで兄ちゃんの具合もよくなりました。」
というと、
 
隣であきちゃんが
「兄ちゃんを治してもらって、
ありがとうごじゃいますっ
 
お礼を言うではありませんか
 
ものの取り合いはするけど、
やっぱりきみらは
いい兄弟なんだね
 
 
コンテントヘッダー

ノロウイルス?

 
こんばんは
 
ちょっとお久しぶりになってしまいましたね。
 
 
もう本当に最近は、度重なる学校行事と幼稚園行事で目の回るような忙しさです
 
 
そんなこんなで、
ツリーもまだ出せずにいましたが、
今日は久しぶりに書類を届けたあとは
 
 
いいお天気だし、
「今日はあきちゃんが幼稚園から帰るまでに、
ツリーを出しておくからね
 
とあきちゃんに約束しました
 
こうしておけば、
その前の掃除の段階で諦めてしまうこともないハズ
 
ところが
初めてみると、
冬の埃のすごさ
 
でもツリーを出す前に綺麗にはしておきたい!
 
というわけで今日は頑張ってました
 
天気もよく、
あったかかったので、
また布団も干してね。
 
ところが…
 
布団を取り込む最中に兄ちゃんの学校の先生から電話が
 
「息子さんが嘔吐して、しばらく様子をみてたんですが、
いまさっきまたたくさん吐いたので、
お迎えにきていただけますか
 
あっちゃ~
 
昨年の卒園式間際の記憶が蘇ります。
 
ゆきちゃんが幼稚園からもらってきたノロウイルスが、
家族中に蔓延。
 
あきちゃんが入院になった悪夢
 
あのときは、
ゆきちゃんが1番軽くすんだんでしたが…
 
学校についたのは、
午後3時半すぎ。
 
ところが先生に話を聞いてる間にも
また吐く兄ちゃん。
 
やっぱりノロ
 
折しも今日は木曜日。
 
午後は近所の小児科が二つとも休みときたもんだ
 
「どこか、空いてるところありませんかね?」
すると担任の先生が、
 
「そういえば近くの○医院に、以前子どもを連れてったことがありますよ。
たしか木曜日の午後やってたような…
定かではありませんが…」
 
先生のお子さんは、たしかうちの次男と同じ歳なんです。
 
ありがたい情報に感謝しつつ、
スーパーに停めてた車を学校に移動させ
兄ちゃんを乗せ、
カーナビたよりに
○医院へ
 
駐車場に車を停め、
病院まであるく間にも
ビニールの中にまた嘔吐。
 
病院では座薬の吐き気どめを
入れられた兄ちゃんでした。
 
しかし、
検査をしてくれなかったのがちょっとね…
 
帰宅後、
少し元気を取り戻した兄ちゃん。
 
おばあちゃんが迎えに行ってくれたあきちゃんと二人、
ツリーの飾りつけを
楽しそうにしてくれました
 
 
昨年みんなで一緒に色塗りした松ぼっくりも飾りましたよ
 
でも「喉が渇いた!」とアクエリアスをお白湯でうすめたものを
少しだけ飲んでも吐く。
 
お腹はすくから
「何か食べたいのに~」
と泣く。
 
可哀想だから飴をやってみたけど
吐く。
 
この繰り返しでした
 
「おれ、何にも食べられん~
また泣く
 
 
最近カレーライスを二回もおかわりしたり、
すごい食欲をみせてる兄ちゃんには、
この絶食は辛すぎるみたいです。
 
 
でも夜中に吐くかと思ったけど、
それはないみたい。
 
 
薬を飲ませてから一時間。
 
 
このまま収まってくれますように
 
大人がかかっても辛いノロウイルス。
 
 
みなさまも、
お気をつけ下さい
 
 
 
 
 
コンテントヘッダー

親子ふれあい清掃活動

こんばんは
 
先週土曜日は午前中、兄ちゃんの小学校の学校の「親子ふれあい清掃活動」でした。
 
朝から子どもたちは普通に登校して、
一時間目は教科の授業、
二時間目は校外の公園などを清掃、
10時半から三十分だけ
親がクラスの清掃区域に参加する
というもの。
 
前の日の夕方になって、
「あした、軍手がいるって」
「なっ、なに~(゚o゚;;」
 
あわてて近くのホームセンターへ買いにいくはめに。
 
で、「軍手はこの袋にいれとるけんね~。忘れなさんなよ?」
と言ってるのに、
スッカリ忘れて飛び出していく兄ちゃん。
 
軍手がいるのは、
校外の清掃のとき、
ガラスなど危ないものが落ちてる可能性があるからということでした。
 
ということは…
 
届けてやるしかないかぁ。
 
幸いあきちゃんが、幼稚園のフリー登園に喜んで参加してくれたので、
そのあとそのまま軍手を届けにいき、
いったん帰宅。
 
洗濯干したり家事をやったあと、
また学校へ。
 
さすがに二往復はくたびれました~
 
 
お父さんやお母さんたちは窓ふき担当。
 
黄砂が凄かったからか、
窓のヨゴレが半端なかったです
 
でも、子どもが同級生のお父さんやお母さんとみんなで和気あいあいと掃除するのは、
なんだか楽しかったです
 
こっち側から拭いてると、
向こう側からも拭いてる人がいて、
思わず顔を見合わせて笑ったり
 
何を話すでもないけど、
一緒に掃除とかすると、
妙な一体感が生まれたりしますよね
 
なんだか学生時代に戻ったみたいで、
懐かしかったな。
 
終わったあと、
「あー、来て良かったね~。
なんか清々しいわ、」
と言ってるお母さんもいて、
同感!って思いました
 
兄ちゃんは、
お友達と一緒に、
廊下を雑巾掛け競争してました
 
 
そんな様子を見ながら、
入学前にあんなに心配だったのに、
安心もしました
 
 
ことあるごとに、
学校の中に保護者を迎えるのには、
多分いろんな意図があると思うけど、
 
一つ目は
学校での我が子の普段のようすが見られる
二つ目
親同士も仲良くなる
 
ということかな。
 
 
しかし…明日は学年活動。
 
一年生は親子でダンスを習うんだそうです
 
とっても楽しそうでワクワクしていますが、でも一個だけいわせて!
 
スケート教室、
親子ふれあい清掃活動
明日の学年活動と、
 
11月から今月の短い期間に
三つも集中させなくても
いいと思うんだけど…
 
 
 
 
コンテントヘッダー

お地蔵さまのお茶

 
今日は久しぶりのいいお天気
 
朝から布団を干しました
 
でも、冬は毛布やら布団やら、ほしたいものがたくさんですね。
 
そんな月曜日のお弁当。
あきちゃんの↓
 
パパの↓
 
今日のメニューは、
○煮込みハンバーグ
○冷凍ポテト
○甘い卵焼き
○キャベツのシーチキンマヨ炒め
○冷食スコッチエッグ
 
でした!
 
だんだん冷凍が増えてますね(*^_^*)
スコッチエッグは、昨日あきちゃんがスーパーで
「このまるっとしたものは何?
美味しそうやけん、買って!
ぼくのお弁当に入れて」
というので、
はじめて買ったもの。
 
美味しいかどうかは、
わかりませんが…
うずらの卵入りなんですって。
 
さて、
今朝あきちゃんが幼稚園にいく途中に小さなミラクルがありました
 
あきちゃんが片方なくしたと思った手袋を発見
 
「よかったね!」喜んでいく途中、
お地蔵さまに
いつものように
 
「いってきます!」
 
そのときあきちゃんが
 
「あっ!」
「どうしたの?」
 
 
みてみると…
 
お湯呑の中に先週まで入っていたお茶が
からになってます(*^_^*)
 
大人は「蒸発したんやね~」
と思うとこですが、
あきちゃんの反応はもちろん…
 
「飲んどるっママ、お地蔵さま、
お茶飲んどったね~
どうやって飲むんやろ。
しゅごいね~、夜中に動いて
飲んだんやろうか
 
「そうかもしれんね~」
 
朝からほっこりでした
 
さ、今から学校のベルマーク作業です
 
頑張ってきます
コンテントヘッダー

ナイショ話とブレスレット

 
昨日はあきちゃんの希望により
幼稚園での遊びクラブ(延長保育)をしました。
 
それだけ幼稚園が楽しいということなんでしょうね
 
そんなわけで、
昨日は夕方お迎えに行ったら、
あきちゃんが大好きな担任のH先生に会いました。
 
別れ際、
先生がニコニコして
「あ、あっちゃん!」と呼び止め、
息子の耳にこしょこしょ
内緒話をしました。
 
「今日寝る前にお母さんの…ね?わかった?」
「うん(o^^o)」
 
んん~?
気になる、気になる!
肝心のとこ聞こえなかった(*^_^*)
 
ところが、
「先生なんて言ったの?」
 
私が聞いても
「あのね、H先生が『ナイショ』って言いよったけんね、
言われんの。」
 
ガンとして口を割りません。
 
いつものべつまくなし
大きな声で歌ったりしゃべったり
うるさいほどのあきちゃんなのに、
意外と口が固いのには
ビックリしてしまいました
 
 
その日の夜、
夕飯のあと、
あきちゃんが私に
「ママ、いいもの作ってあげる。おてて出して」
といい、
四苦八苦しながら
私の手に折り紙で
ブレスレットを作ってくれました
色も
「何色がいいかな。
女はピンクやね!」と選んでくれました
 
そういうあきちゃんの手には、
幼稚園で先生に作ってもらったという、
紙のブレスレットがついていました。
 
手首のとこには手裏剣の絵が描いてあります。
 
 
自分が幼稚園で先生にしてもらって、
嬉しかったから、
 
 
それを今度は私に…
 
 
ということなんでしょうね☆
 
 
子どもってこんなふうに優しさを覚えていくんだなぁと
 
 
しみじみ嬉しかったです
 
 
そうそう、
今夜は兄ちゃんのリクエストで
焼き肉を食べに行ったのですが、
 
そこでパパが兄ちゃんに
「お前が焼き肉食いたいっていうからきたんだからな。
どんどん食えよ!
もうしばらく肉は見たくないってほど
食っとけ。」
と言ったんです。
 
 
あきちゃんにはそれが、
パパが兄ちゃんを怒ってるように見えたみたい。
 
 
「パパ!しーっ。」
と言って立ち上がり、
向かいのパパのところに歩いていって、
耳元でこしょこしょ。
 
大きなパパの首を小さいあきちゃんが両手で捕まえてますが、
 
パパは
「く、くすぐったい~
身体をくねらせてました
 
「なんて言ったの?」
 
「ご飯のときは、しーずかにしときなさいっていったのよ。」
澄まし顔で
今度は教えてくれました!
 
ならば!と思い、
 
「ねえ、あきちゃん。昨日先生はかえるとき、あきちゃんになんて言ったの?」
 
もう一度鎌をかけてみました。
 
すると…
 
「あのね、ナイショ!」
 
怒られたわ…
 
三歳の子どもの成長の早さに追いつけないでいる子どもなママでした
 
 
 
 
 
プロフィール

モカモコモコ

Author:モカモコモコ
はじめまして!
小1の長男、六月で三歳になった次男、二人の息子の子育て日記です。毎日ガミガミいってるけど、そんな私が子育てを通して感じたこと、ほっこりしたことを主に書いています。
小さな幸せを大事に大事に積み重ねていきたいなあ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
536位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR