FC2ブログ
コンテントヘッダー

竜のはなし

みなさん、こんにちは。
 
 
今日は絵本の話を久しぶりにしたいと思います。
 
 
毎晩、我が家では欠かさず寝る前に読み聞かせをしています。
 
 
子どもたちの中では、それがもう寝る前の儀式に定着してるので、
 
 
どんなに遅くなってしまっても、
 
 
必ず一冊は読まされる(*^^*)のです。
 
 
先日、アキが幼稚園からこんな絵本を借りてきました。
 
 
『竜のはなし』
 
よくみると、
なんとあの宮沢賢治作??
 
本をひらくと、
「このはなしは  おとぎばなしではありません」
とあります。
 
 
ストーリーはこうです。
 
 
昔あるかな一匹の竜がいた。
竜は非常に強く、
また激しい毒をもっていたので、
この竜にあうと、すべての生き物が死んでしまった。
 
 
あるとき、竜はよい心を起こして
これからはもう悪いことはしないと
心に誓った。
 
 
そして、林の中でじっと考えていたけれど疲れて眠ってしまった。
 
竜はねむるとき、蛇の形になるもので、
からだには
美しい模様が表れていた。
 
ここに漁師たちがきて、
大蛇の美しい皮をみて、
この大蛇の皮を剥いで王様に献上しようと考えた。
 
そこで漁師たちは皮を剥ぎ始めた。
 
竜は目を覚まして考えた。
 
「おれの力はこの国さえもこわしてしまえる。
この漁師など、おれがいきをひとつしただけで毒にあたって死んでしまう。
しかし私はさっき
もう悪いことはしないと誓った。
もはやこのからだはなげすててこらえよう。」
 
 
こうして皮を剥がれた竜は、
このあとからだを虫に食われ、
骨になって死んでしまいます。
 
当たり前のてんかかもしれんけど、
惨すぎる…?
 
でも、死んだ後、竜は天にのぼり、
やがて、後には世界で一番えらい人、
お釈迦さまになりました
 
 
という話でした。
 
 
 
さて、アキの感想は?
 
 
漁師たちに皮を剥がれる場面で、
「だめよ!そんなことしたらっ!!!」
 
と、涙目になり叫びました。
 
「この漁師たちを殺せばよかったのに!」
 
その通り。
 
 
ママもそう思います。
 
 
「自己犠牲。」
 
 
それは日本人が好む価値観です。
 
 
私も美しいと思う。
 
 
だけど、賢治さんは間違ってると思う。
 
 
自己犠牲は、
 
 
自分を大切に思う人たちの気持ちを
 
 
完璧に無視した考えだからね。
 
 
親になって初めてわかったことだけど。
 
 
自分を大事に生きてほしい。
 
 
賢治さんの親だってそうおもってたんじゃないかな。
 
 
「いま、このとき、
自分しかできないこと」
 
をやり遂げることを求められるときが人生のうちには
 
きっと何度かありますね。
 
 
それはやらないといけないと思う。
 
 
命をかけてでも自分の精いっぱいで。
 
 
でも、竜のこれは…
 
 
納得いかなかったな~。
 
 
昔、お釈迦さまに出会ったウサギが、
お釈迦さまにあげられるものが何もなくて、
火の中に飛び込んだ…
 
っていう説話があるけれど、
 
 
そんなことされて、逆に
 
 
お釈迦さまは悲しくなかったのかって話ですよね。
 
 
秋の夜長に…
 
衝撃的な絵本の時間でした(*^^*)
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

三度目の正直

こんばんは~(^O^)
 
今日はアキの水泳のことを話しますね♪
 
水曜日、息子たちが習ってるプールのテストがありました。
 
今回、そこでアキが三度目にして
ようやく合格できたので、
合格までの道のりを
書いてみたいと思います。
 
 
7月の進級テストで初めての挫折を味わったアキ。
 
あといっこワッペンとったら
白帽子から水色帽子になれる??
 
という最後のテスト
「ビート板でバタ足15メートル」
 
というテストでのことでした。
 
その日はもちろんワンワン泣いて、
 
オレね、腐ったら茶色になるんよ。
 
などと、
シュールな発言をしていたアキ。
 
 
本来、進級テストは奇数月のみなんですが、
 
夏休み中兄ちゃんが、
「おれ、夏期特別講習受けたい」
と言い出し、
 
 
これを受けると最終日に進級テストもあるとのことだったので、
 
「アキの名誉挽回もできるかも!」と、
 
初めて参加することにしたんです(^O^)
 
 
期間は5日間。
時間は
毎朝8時45分から。
 
近所で仲良しのお友達も一緒に参加することになり、
 
それなりに毎朝楽しく通っておりました。
 
そして、二回目のバタ足テスト当日。
 
「背泳ぎキック15メートルかあ自信ないなあ。」
 
という兄ちゃんを横目に、
 
オレは絶対合格するけ!
 
意気揚々と、プールへいきました。
 
ところが‥
 
アキの順番がきて、
ビート板もったアキが泳いでいるんだけど、
微妙に左右に揺れながらバタ足してるんだけど‥
 
遅々として進まない!
 
それでも、やっと8メートルほどの地点にきたとき、
突然アキがやってしまったことを
 
誰が一体想像できたでしょうか??
 
アキはおもむろに右手を外し、
 
なんと、その手をへ??
 
指が鼻にスポッと入っていくのを
 
呆然と眺めるしかない私
 
 
ホジホジ
 
プールサイドで先生も手を叩いて叫んでいます。
 
そこでハッとしてあわててバタ足してくれたらまだ
可愛げもありますが、
 
「よっこらしょ」と腰を上げるお年寄り並みのゆっくりさで、
 
バタ足姿勢に戻るアキ。
 
そのあとマイペースに残り8メートルをバタ足しましたが、
 
当然二回目の不合格をもらったわけでした。
 
 
アキがもちろんこのあと大目玉をくらったことは、
言うまでもありません。
 
ちなみに「何であんなことしたん?」
ときかれたアキの答えは
 
だって痒かったんやもん
 
でした~脱力(~_~;)
 
そんなわけで前記事の特訓へと
 
至ったわけですが、
 
特訓の甲斐あって、
今回ようやく、合格をきめることができたのでした。
 
先生からのお言葉。
 
『キック良くなりました!次は25メートルがんばれ』
 
ちなみに兄ちゃんはこのところ絶好調で
 
夏期講習の試験では見事オレンジ帽子に昇格。
 
今回の25メートル背泳ぎキックもなんなく合格しました
 
コンテントヘッダー

イクメンパパ頑張る

みなさん、こんにちは~?
 
昨日の日曜日、我が家はちょっといつもと違う朝を迎えました。
 
「お腹減ったんだけどぉ」
 
と起こされるのがいつもの日曜日。
 
ところが昨日はね、
 
「カスタードクリーム作ってみたんよ~?」
 
 
な、なぬ~!?
 
いっぺんで目が覚めたっちゅうの?(゚Д゚)
 
 
で、昨日の朝食はこんな感じ。
 
 
 
レーズンパンにカスタードクリームを塗って、美味しくいただきました(^O^)
 
  
 
「こんなんで固まるんかな?っておもいよったけど、段々固まってくるのが感動やった」と話すパパがどことなく可愛いかったりして。
 
 
しかも、それだけでは終わりませんでした~。
 
朝食後はにいちゃんの逆上がりの練習に公園へ。
 
 
そのあとは、アキのバタ足の練習に付き合うためにプールへ。
 
 
水曜日にアキは3度目のバタ足のテストなんです。
 
そうなった経緯はまた別の記事で
書きたいと思います(*^^*)
 
とにかく特訓?
 
 
でも、上からみてて意外だったのはアキの表情。
 
なんて嬉しそうにニコニコしてるのでしょう?
 
一応私もついていきましたが、
車に乗るとき
「ママはこんでいいよぉ。パパにトックンしてもらうんやから」と言われてしまいました!
 
 
な、なぬ~!?
 
でも、あの顔をみて思いました。
 
今まで空手でも逆上がりでもいい水泳でも、いつもにいちゃんの特訓についていく側だったから。
 
だから、初めてパパに自分だけ見てもらえて、嬉しいのかもしれない。
 
初めてパパの視野に入れた!
 
そんな感じなのかも。
 
ちゃーんと見てるのにね(*^^*)
 
でも、子供にとっては
 
パパは特別。
一番認めてもらいたい存在なのかもしれません。
 
 
コンテントヘッダー

秋の動物園もいいもんだ

 
先々週の日曜日、
 
まだアキが寝込む前のこと。
 
動物園にいってきました( ^ω^ )
 
この日はいい天気だったけど、
もう涼しい風が吹いてて、
 
空も何だか秋って感じがして、
 
とても気持ちよかったです。
 
 
↑ロバに乗るアキ
 
兄ちゃんは「もう乗らない」って(*^^*)
 
ここにきたら必ず乗るって、昔はいいはってたのにね~
 
お猿のグルーミングをみたり、
 
ヤギに餌をあげたり
 
亀になったり(*^^*)
 
ミーアキャットが団子に!
 
たまらない可愛さでした♪
 
可愛いといえば…
 
モルモットとの触れ合いは
欠かせません!
 
アキが大好きですからね♪
 
(わたしもですが)
 
二歳の頃のアキは、この触れ合いのとき
「か~いい(可愛い)!」といいつつ、
思い切りムギューっとしそうになり、
 
あやうく昇天させるとこでしたが、
 
四歳の彼は、
 
そーっとそーっと、優しく触ってました( ^ω^ )
 
ライオンの夫婦
 
なんか、いいですね~。このちょうどいい距離感が!
 
 
チンパンジーのお父さんはお昼寝中でした。
 
この足、みて!
 
親指と人差し指がこんなに開ける人間はもういませんね(*^^*)
 
「猿の惑星」
もし現実になったら、
きっと人間はかなわないな~
 
なんて考えたり。
 
大人も楽しめる秋の動物園でした♪
コンテントヘッダー

100均で洗面所プチDIY Part2

みなさん、こんにちは!
 
 
今日はパパの頼まれごとで街に出ておりました♪
 
 
無事に任務完了し、
 
 
お一人様ランチしてきました!
 
 
 
前からちょっと気になってたお店。
 
 
『南欧風料理屋  Bullo  Bambino』
 
 
ランチは900円でした。
 
私が頼んだのは海老とトマトのパスタ。
 
うーん?美味しかった~♪
 
そのあとはセリアでお買い物しました。
 
 
プチDiyを妄想しながらね。
 
 
買ったのはこちら↓
 
 
あとはね、以前買った突っ張り棒さんを三本用意して、
 
 
その上に普段まったく使わないトレイをおいて、
 
 
 
簡易棚できた~♪
 
 
これまでは
 
洗濯機の上や窓枠のとこに、
 
洗剤の類が置きっぱなしになってました。
 
せっかく窓を昨年ステンドグラス風に
自分でプチDiyしたので、
 
窓枠に洗剤を起きたくなかったんですよ~。
 
ってまだ右側に若干ありますが^_-☆
 
 
 
もうひとつ、作ったものをご紹介。
 
これを100均で買ってきてね、
 
 
 
レースのテープを貼ってね、
 
 
ネックレスかけ~ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
 
 
これならからまないし、すっと取りやすく、選びやすいです。
 
 
あっ、アキラ先輩は以前パパが出張のお土産で買ってくれた
イヤホーンジャックです。
 
 
イヤホーンジャックといえば、
 
先日の映画のグッズで
 
 
自分用にこんなの買っちゃいました♪
 
 
アライグマのシッポね( ^ω^ )
 
 
手触り抜群で、ふと触れるたびに癒されてます?
 
 
コンテントヘッダー

映画館での白目事件

   こんばんはヾ(@⌒ー⌒@)ノ
 
 
今日は3連休の中日ですが、パパはお仕事でしたので、
 
 
私は息子ふたりを連れて、
 
 
『ガーディアンズ  オブ  ギャラクシー』
 
という映画を観に行って来ました。
 
 
先週夏風邪で二日しか幼稚園にいけなかったアキですが、
 
 
ようやく熱の変動もなくなりましたし、
 
 
本人がCMを観て以来、
 
 
『アライグマ、観たーい!!!』と
 
 
ずっと観たがってたこの映画に連れて行ってやることになったのです。
 
 
さらりと書きましたが、
 
 
映画館に一人でふたりを連れていくのって、なかなかドキドキします。
 
 
途中で『おしっこ~』とか、
言い出したりしたら大変だからです。
 
 
今回は直前でトイレにいかせ、
 
 
冷房対策に長袖の羽織もの持参。
 
 
ジュースは買ったけど途中は極力飲ませない。
 
 
という方式で、望みました。
 
(この作戦は成功して、今回は上映中
二人とも一度もトイレはありませんでした(*^^*))
 
 
時間はお昼の13時から。
 
 
上映開始の十分前には映画館にはいり、
 
 
私を真ん中にして、
 
 
三人で並んで座りました。
 
 
ここでひとまずホッとする私。
 
 
あとは、アキを騒がせないように注意するだけです。
 
 
本編の前にCMが始まりました。
 
 
『これ、○○やね~』
 
案の定ニコニコ笑いながら普通の声で話しかけてくるアキに、
 
『しっ!』と人さし指をたてて注意。
 
 
おとなしくなりました。
 
 
兄ちゃんは、さっき買ってやったチュロスを黙々とたべてます。
 
 
アキには買ってやったポテトをすすめ、
時間をつなぎました。
 
 
それにしても、CMが延々と続きます。
 
 
『長いな~、本編始まる前にこれじゃあ
飽きて騒ぎ出すかも…』
 
 
不安に思ってアキに目をうつすと、
 
 
なんと…
 
 
アキの目がし、し、白目になってる~!
 
 
どうやら睡魔がおそってきたようすで、
 
 
『目を開けてなくちゃ!』という必死の抵抗の結果、
 
 
まさかの白目に陥った模様。
 
 
『う、嘘でしょ~!!始まる前にまさかの撃沈~!?』
 
 
あれよ、あれよという間に、船を漕ぎ出すアキ。
 
 
そして、そんな中、本編開始(>人<;)
 
この映画は3Dなので、
『ママ、メガネ!』
兄ちゃんにいわれ、急いでさっき買った3Dメガネをバッグから出します。
 
 
小声でアキに
 
 
『あっちゃん!アライグマの映画、始まったよ!』
 
 
声をかけて、アキにもメガネをかけてやりましたが、メガネの奥はやはり…
 
 
白目!!!
 
 
昨日からあんなに楽しみにしとったのに
 
もし、全くみれないで帰ったら
 
きっと後から大泣きです。
 
 
しかし、今はもっとも深いレム睡眠にまで陥っている様子。
 
 
下手に起こすと、映画館の中で大泣きが始まる可能性も…
 
 
『どうする?私。』
 
みていると
映画はどうやら主人公の幼少時代から始まる模様です。
 
 
アキの楽しみにしていた『アライグマ』は主人公ではなく脇役らしい。
 
それなら
『アライグマが出て来てから起こそう』
ときめました。
 
 
映画開始後、約10分。
 
 
アライグマがようやく画面に出ました。
 
 
出るなり、大活躍!
 
 
ここから小声で起こすこと五分。
 
 
白目のアキが黒目にもどり、
 
 
アライグマをとらえ、座り直しました♪
 
 
『たぬき、しゅごい(すごい)』
 
 
『うん、たぬきじゃないけどね。』
 
 
ライフル銃を打つアライグマの映像に、
 
にやりと笑うアキ。
 
『あの動物の名前はなんやったっけ?』
 
ガクッとなりそうでしたが、
 
ようやく起きてくれました( ^ω^ )
 
 
それから二時間。
 
 
中身はSFなんですが、
 
アクションあり
笑いあり
涙あり。
 
出てくるキャラクターも面白いし、
 
 
子どもにもわかりやすく、しかもスピーディなストーリー展開でした。
 
 
音楽も、70年代の有名なアメリカンポップスをふんだんに用いていて、
サントラCDがほしくなっちゃった!
 
私自身もすごく楽しめました。
 
続編も期待できそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンテントヘッダー

夏風邪と前進するこ

昨日からうちの次男坊、
夏風邪のため、
 
幼稚園をお休みしています。
 
 
いまは平熱にもどりましたが、
一時は39度まで上がりました。
 
 
一学期、皆勤だったのに、
 
 
二学期始まったとたんにこれか…
 
 
こういうとき、わたしは
 
『あれがいけなかったのかな。』とか、
 
ウジウジ考えてしまいがち。
 
でもパパに、
 
 
『後悔しても仕方ないやろ。
 
熱ださんで大きくなる子はおらん。
 
おでこを冷やすとか、
今できることをしてやり。』
 
 
と、言われ一昨日はほぼ徹夜で
熱いおでこを冷やしました。
 
 
久しぶりの発熱に、私も少し慌ててましたが、もう大丈夫です。
 
 
 
さて、一昨日残念なことがもう一つ。
 
 
兄ちゃんの力作の工作、理科作品展への出品叶わず、
持って帰りました…。
 
 
昨年、本をみて真似して半日で作った
ペットボトル工作は出品されたというのに…
 
 
今年三日もかけて、
パパと、ママのない知恵を絞り、
兄ちゃんの努力と苦労を積み重ねた
傑作は、
 
 
 
お蔵入りです。
 
 
正直にいいます。
 
 
ものすごく悔しい!!
 
 
納得いかなーい!!!
 
 
選ぶ基準がわからないっ。
 
 
井戸の屋根を破いたり、
 
 
穴をあけたり、
 
 
シーソーやバネがうまくいかなくて
 
 
何度も作り直してた。
 
 
おどろおどろしさをいかに出すか、
 
 
最後まで細かいとこまでいろんな工夫してた兄ちゃんの姿を思い出すと、
 
 
 
『何でよ~!!!』って担任の先生に
食ってかかりたくなりました(>人<;)
 
 
《わかってるんですよ。
 
本当にそれをやったらモンスターペアレントですよね。
 
他の子だって、
頑張ってつくったし、
思い入れもあるはず。
 
全員のを出品するわけにはもちろんいきません。
 
まして、兄ちゃんは昨年も出品していただいてるわけですから…
 
 
わかってるんです。
だからそんなことはしませんけどね》
 
心残りは、もっと一つひとつのお化けの工夫を紙に書かせて持たせればよかったのかもというところです。
 
 
自信策だったんです。見ただけで、目を引くはずって。
 
あげく、兄ちゃんは学校で『工夫したところ』をかかされたとき、
 
 
『みこしにゅうどうの足を工夫しました。紙ねんどでつくりました。』
 
 
としか書かなかったらしくて。
 
 
もっと、あるでしょ、ほかにーーーー!
 
っておもうけど、後の祭り。
 
 
いや、いろいろたくさん書いても結果は同じだったかもしれません。
 
 
でも、後悔は残ります
 
 
 
だけど、
 
 
息子は私よりずーっと立派に、
もう前を向いてました。
 
 
『おれ、五年生くらいになったら、
もう一回お化け屋敷作りたい。
 
そのときはもっと、
電気とかの仕組みも使ってさ。
 
もっとすごく動くやつにする。』
 
って言ったんです。
 
兄ちゃん、なんともうリベンジの策を考えてる!
 
 
今までの彼なら
 
 
頑張って頑張って、その結果が思うようなものでなかったとき、
 
 
『もう二度と作らん!こんなものはぶち壊す』
 
って、ぐちゃぐちゃにしちゃったかもしれません。
 
 
でも、今の彼はもう違うんですね。
 
子どもってすごいですね。
 
常に前向きに、前進する。
 
 
引きずるのはオトナのほうで、
 
 
いつまでもこうやってぶちぶちといってしまいます。
 
 
でも、それでせっかく素直に前を向いて前進する息子の足を引っ張るのは、
 
ダメなオトナですね
 
 
 
先生方の目に止まらなくても、
賞はとれなくても、
 
 
同級生の男の子たちが『おお~!すっげぇ。』って言ってくれたそうです。
 
バネをおして、
生首を井戸から飛び出させたら、
 
ふだんあまり一緒に遊ばない
お友達まで喜んでくれたそうです。
 
 
それだけでも、
よかったよね、息子よ。
 
 
作ってる間、ワクワクしたもんね。
 
楽しかったもんね。
 
 
お友達のびっくりする顔が見れたんだもんね♪
 
 
でもさ、来年リベンジするときは
 
レポートも一緒につけて出してやるよ!!!
 
たとえ結果は同じだろうとも、
 
やらないで後悔することはないようにね!
 
来年のリベンジに乞うご期待^_-☆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンテントヘッダー

グリーンラビットと

ちょっと前のことになりますが、
道ばたを歩いてると、
 
ふと、蓬(よもぎ)の草が生えてるのが目に止まりました。
 
 
 
何だろう。
 
何か、可愛い。
 
可愛い…
 
気のせいかな?
 
でもこのこんもりした形は…
 
 
 
うさぎ!
 
 
ひとりでにんまり(⌒▽⌒)
 
 
写真を撮りました。
 
 
誰かに見られてたら変なおばさんだよね~。
 
 
 
 
 
さて、うさぎといえば、
昨日はスーパームーンだったそうですね♪
 
 
我が家では一昨日、
 
 
パパが仕事が早く終わったからって、
わざわざ『なごし』という和菓子屋さんへいきましたが、
 
月見団子はなく、
 
生大福をたくさん買って来てくれました
 
 
 
ほかにも、いちごとか、チョコ、オーソドックスなあずきも美味しかったですよ♪
 
 
せっかくだからと、
 
夕飯のあと、庭に出て
 
 
みんなで大きな丸い月を眺めながら生大福をいただきましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ
 
 
とっても幸せな気持ちになりました。
 
 
パパ、いつもありがとう♪
 
 
 
コンテントヘッダー

夏休みの思い出

こんにちはヾ(@⌒ー⌒@)ノ
 
 
 九月になったとたん、残暑がつづいていますね!
 
 
夏休みの間、
お友達ともたくさん遊んで楽しい時間をすごしましたが、
 
 
そのことをアップできてなかったので、アップしまーす。
 
夏休みの最初のほう。まだ七月だったのですが、
サークルでスイカ割りをしました
 
 
うちはもう二人ともサークルは卒業してますが、
 
夏休みなので特別参加させてもらいました♪
 
前日から買い物や準備をしてくださった担当のお母さんたちに
この場を借りて感謝
 
↑兄ちゃんトライ
 
スイカ割りって、わたしは実際に見るのは初めてだったんですが、
 
なかなか割れないものですね(≧∇≦)
 
 
割れたら割れたであとが大変そうなので
私はちょっとほっとしたり。
 
 
アキが思い切りよく当てたときには
ちょっとどきりとしました(*^^*)
 
 
 
子どもたちは意外なほどに
大喜び。
 
「もう一回したい!もう一回したい!」と、どの子も何度も並んでチャレンジしてました。
 
 
 
続いては、
家族ぐるみで仲良くさせてもらってるお友達との
水鉄砲あそび。
 
 
最後は全身ずぶ濡れになるので、
行く前にお風呂の準備必須でした(*^^*)
 
 
このお友達とは、
一緒に博物館に行ったりもしました(*^^*)
 
 
よくパパの運転で行く博物館ですが、
私の運転では初めて!
 
 
ちょっと遠いのでドキドキしましたが、
 
(ティラノサウルスの模型、スーの前で記念写真)
 
めっちゃ楽しそうで、
何よりでした(≧∇≦)
 
↓土器の組み立てパズルも三人で真剣にやってました♪
 
 
昭和コーナーでは家族になっちゃった
 
 
次の日の夜は一緒に庭で花火もしました。
 
 
家族だけもほっとできて楽しいけど、
 
子どもがたくさんのほうが、
こういうときは
盛り上がりますね~。
 
 
あれ?
盛り上がってるように全然見えない!
(笑)
 
これは線香花火。
 
だれがさいごまで残るかの真剣勝負でした(*^^*)
 
 
アキが集中しすぎて、
おしっこもらしちゃったのには
ビックリしたな~。
 
 
このあと、お友達のお父さんからいただいたベトナムの光って飛ぶおもちゃであそびました。
 
 
 
上の小さな白い点が、それです。
 
 
ベトナム版の竹とんぼのような不思議なおもちゃでした。
 
右の突起にゴムを引っ掛けて飛ばしますと、ライトが光るんです。
 
 
日本でも売ってるらしいけど、
そんなに飛ばない上にちょっと高いそうです。
 
 
改良してくれたらいいね~!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンテントヘッダー

夏休みの工作~二年生

今日は近所のお友達のママと一緒に、
 
兄ちゃんの学校の夏休みの作品展に行ってきました
 
一年生から六年生まで、
全部見るのには一時間かかりました(*^^*)
 
よく歩いたわ~
 
やっつけで作ったもの、
キットでつくったもの、
市販のものに色をつけただけのものもあったけど、
 
 
よく考えて工夫してるなーと感心するようなものもたくさんありました。
 
 
勝手に写真を載せるわけにはいかないので紹介できませんが(*^^*)
 
 
さて、
兄ちゃんの今年の工作のテーマは
『お化けやしき』
でした。
 
旅行から帰ってすぐ作りはじめましたが
最初は全然違うものになる予定だったんです。
 
本をみてね、
バネをつかったシーソーで、
『お金を入れるとビニールのかき氷が膨らむという熊さんかき氷』
をつくる予定でした。
 
 
ところが、
この熊さんかき氷、
お金のかわりにおはじきをいれてためしたけど、
 
 
全然ふくらまなーい!!!!
 
 
一口にバネといってもですね、
きちんと定規ではかって、
線をひいて、
カッターで厚紙を切って、
折って、
調節して‥
 
 
という作業は、
二年生の兄ちゃんにはかなり根気のいるつらい作業。
 
 
時間もすごくかかりました。
 
 
しかし、ふくらまないものはふくらまなーい!!!!(>人<;)
 
 
とりあえず、
このバネはなんか使えるとこがあるかもしれんから、
とっておいて、
別のテーマにしよう!
 
何がいい?
 
 
と、息子に聞きましたら、
 
 
『お化け屋敷!』とのこたえ。
 
 
なるほど~。今はやりの妖怪なんかをおいたら面白いかもね!
 
それ、やろう♪
 
と、いうことで、
 
おもに100均で材料をそろえました。
 
 
 
買ったのは
 
色画用紙と、
木工用ボンドと、
ラッピング用の段ボール紙と、
縫いぐるみ用のキョロキョロ目玉
磁石
毛糸
セロハン紙
紙粘土
 
製作費は800円ですね。
 
あとは家にあった
 
ヨーグルトカップ
空き箱
割り箸
タコ糸
折り紙
コンビニでくれたスプーン
 
 
などで作りました。
 
 
 
 
なかなか斬新奇抜。
ユニークな発想と作品でしょ?
 
説明しますと、
中央が井戸ですね(*^^*)
 
 
で、前方に転がってる生首を
井戸に落として、
後ろに白くみえるバネを押すと~
 
 
生首が飛び出します!!
 
って言えたらいいんですけどね、
 
五回に一回くらいは飛び出しますが、
 
あとは井戸の中でなんとも苦しそうに
 
蠢きます(*^^*)
 
作り終わったあと、
 
この井戸の中で生首が蠢くのをみて、
 
息子となぜか爆笑(≧∇≦)
 
 
飛び出したいのに飛び出せない微妙な
このもどかしさ。
 
怨念を感じないこともない!?
 
とにかく笑いがとまらず、
二人で大笑いしました。
(長時間の作成で変なテンションになったんですね。)
 
あ、そうです。
 
一番最初にクマのかき氷で使うはずだったあのバネをつかってます。
 
ジャバラに折ったバネの先端に
コンビニのプラスチックスプーンをくっつけて、
シーソーにしてるんですね。
 
傘化けはね、
 
ヨーグルトのカップに
アイスの棒をさして、
傘の中に磁石を仕込んでおります。
 
 
磁石はパパの入れ知恵です。
 
傘化けを動かすと、
 
井戸につるしてある
火の玉が動くしくみになっております♪
(火の玉にも磁石が入ってるので)
 
 
作成中の兄ちゃん。
 
上は屏風の月に飾る折り紙を切ってるとこですね。
 
まるで職人さんのように集中してました。
 
井戸の上の屋根とか、
表面を破いたり、
ハサミで切り込みをいれたり、
ダメージ加工する兄ちゃんのこだわり方をみてると
 
なんだか私も楽しくなっちゃいました。
 
後ろの屏風の絵もなかなか雰囲気があるでしょ?
 
最初は
 
『化け猫の絵とか描いてみたら?』
 
と描かせてみたのですが、
兄ちゃんの描く化け猫は
可愛いくっていけません(*^^*)
 
そのとき、ふと兄ちゃんが
『手型とか使えないかな~』って言ったんですよね。
 
 
それを聞いて、
京都の、あるお寺の血天井を思い出しました。
 
『いいね!それ、やろう!』
 
使ってない100均のスプレーに赤い絵の具を水に混ぜて入れて
スプレーしたり、
 
二人して、
 
『どうしたらおどろおどろしい雰囲気になるか』
 
考えながらの製作。
すごく楽しかったです。
 
『お化けやしき』
 
という字も兄ちゃんが書きましたが、
 
わざと絵の具をだらーっとたらしたり、
ポタポタしたり(*^^*)
 
 
見越し入道の足は、
紙粘土ですが、
乾燥して指がひび割れ、
一度外れそうになり、
上から重ね、
もともと黄色だったのが青になりました。
 
出来上がりをみて、
アキが異様に喜んでました。
 
さて、昨年は
本をみて模倣して作ったペットボトル工作が、
 
意外にも地区の作品展に出品され、
 
欲が出てしまった兄ちゃん。
 
 
『今年は金賞とりたい!』
 
などと無謀な望みを抱いております。
 
『きみは昨年、出させてもらったから。チャンスは人より少ないかもよ。』

と兄ちゃんには言いつつ、
 
頑張ってたのを知ってるだけに、
 
佳作くらいはくれないかな~
 
と、思う親心。
 
でも、たしか昨年は
 
地区の作品展に出品するときは
 
一週間目の金曜日に連絡もらったような‥
 
だめやったんかな~
 
 
 
 
 
コンテントヘッダー

今度は私の番

新学期が始まりましたね!
 
 
昨日からはお手伝いに行ってた
育児サークルで、
よく私になついてくれてた女の子が
 
 
同じ幼稚園に通い始めたみたいで、
 
 
今朝幼稚園バスの窓際に一人で泣かずに乗ってるのを発見
 
 
思わず手をブンブン振って名前を呼んだら、
にこーっと笑ってくれました。
(胸キュン
 
制服の麦わら帽子がすごく似合ってました。
 
 
思えば一年前のちょうどこの時期に
 
 
アキはひよこ組さんに入ったんだなぁ。
 
 
なんだか、遠い昔みたい(遠い目)
 
 
「アキ!○○ちゃんが乗ってるよ!隣に乗ってあげなよ」
 
といったら、
 
後ろにいきかけたアキは前に戻り、
隣ではなく、
その子の前の席に座りました。
 
 
そして隣の女の子の顔をのぞいて
一瞬変な顔をしてました。
 
 
間違えたんやね(*^^*)
 
 
まぁ、よし。あんたはそんな奴よ(笑)
 
 
あとでそのことを女の子のお母さんにメールしたら、
 
 
『あきちゃんおかしー(*^◯^*)
でも優しいね!
バスに乗る前、ちょっと不安げな顔をしてたけど、
あとからあっちゃんも乗るよ
っていったら
持ち直しました。
友達ってやっぱりありがたいね~』
 
って返信がきました。
 
それを読んで、
 
『あー、本当にそうだったなぁ!』ってあの頃の気持ちが蘇ってきました。
 
 
初めて子どもを幼稚園バスに乗せるとき
 
うちの子は泣きながら乗ったことは幸い二人ともなかったけど、
 
それでも
 
『このあと泣かないかな?
給食食べれるかな?
一日大丈夫かな?
お友達と楽しくやれるかな。』
 
親も不安だったなぁ。
 
そして、
 
そんなとき私も、
 
先にバスに子どもを乗せてるお母さんから
 
『あきちゃん、バスから手を振ってくれましたよ!
笑顔でしたよ。』
 
ってありがたいメールをもらったり、
 
『今日○○があきちゃんと遊んだって言ってましたよ。』
と教えてもらったりして、
 
ホッとしたりしたものでした。
 
ときには
 
『あきちゃんが泣いてたって○○がいってたけど大丈夫?』
 
ってメールをもらって
 
聞いてみたら別人のことだったってこともあったけど、
 
それでも
気にかけてもらって、
 
声をかけてもらえたことがありがたかったなぁ。
 
 
今度は私の番ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
 
 
と、ひそかに心に決めてる私です♪
 
 
 
 
 
 
 
コンテントヘッダー

実家にて

あっという間に夏休みも終わりですね!
 
 
昨日は呼子のお土産を渡すために
息子たちをつれて、
実家にいってきました
 
 
この夏いくのは二度目です。
 
 
前回は、8月12日のお盆前にいき、
約一年ぶりに実家に一泊しました。
 
今日はそのときのお話。
 
 
昼間は『ザリガニを探そう!』
と近所の田んぼへ。
 
 
昔は用水路とかにいて、
男の子たちがえさで釣ってたんだけど、
 
残念ながらみつかりませんでした。
 
でもね、
 
ツチガエルをみつけましたよ(≧∇≦)
 
 
まだオタマジャクシもいたから
 
カエルになりたてだったかもしれません。
 
ヤゴやタニシなどもいました。
 
蛇に喰われるなよ~!といいながら帰りました。
 
 
散歩から帰ると、みんなでトランプするのは定番になりました。
 
 
神経衰弱
 
ババ抜き
 
七並べ  
 
 
ジイジやバアバも最近では童心に帰ったように
笑顔でつきあってくれます。
 
 
神経衰弱では一番弱いジイジですが、
 
 
七並べでは意外な意地悪をくりだし、
(?だけがめて出さないとか)
 
 
周りを陥れて早々に上がります(・_・;
 
 
ババ抜きでは、アキと組んだ私。
 
 
「あっ!ババがある!」と早々にカミングアウトするアキやら、
 
ババを抜いたら思わずパチンと自分の顔をたたく兄ちゃんのおかげで、
 
笑いの絶えない展開に。
 
 
そして、夜はみんなで花火をしました。
 
 
 
 
アキが赤ちゃんのときには
怖くてできなかったこんなのにも
ジイジが火をつけてくれて、
息子たちは大喜び。
 
 
「お風呂はジイジと入る!」
とアキがいって、
 
最初は
「怖いから」
 
と言ってたジイジでしたが、
 
しつこいアキにおされ、
 
娘の私にも
 
「生きとるうちしかジイジとお風呂には入れんもん。
いれてやって。
ざあっと洗ってくれたらいいから!」
 
といわれ(笑)
 
「もう殺す気か?」
 
と言いながらも覚悟をきめて(?)
 
一緒に入ってくれました。
 
頭も丁寧に優しく洗ってくれたみたいで
 
 
「ジイジと入ってどうやった?」
ときくと、
 
「あのね~、嬉しかった。
おれね、また来たときもジイジとお風呂入りたい!」
 
と言ってました。
 
 
敷地が広くて買い物も不便だから、
 
年寄り二人にはなかなかしんどい家だと思いますが、
 
 
息子たち二人にとっては
 
自然はいっぱいだし、
 
多少走り回っても怒られないし、
 
ノビノビできる大切な場所のようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

モカモコモコ

Author:モカモコモコ
はじめまして!
小1の長男、六月で三歳になった次男、二人の息子の子育て日記です。毎日ガミガミいってるけど、そんな私が子育てを通して感じたこと、ほっこりしたことを主に書いています。
小さな幸せを大事に大事に積み重ねていきたいなあ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
536位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR