FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

できるようになった発表会 前日

できるようになった発表会の前日、
 
帰宅した長男が
 
「おれ今日学校で発表会の練習したときね、昨日書き直したやつを
ど忘れして、
言えんやった。」
 
と言ってきました。
 
「練習なんやから覚えてなくても
紙見ていえばいいんじゃないの?」
 
と言ったけれど、
「みんな覚えたのをいってたから」
 
と律儀な長男。
 
「じゃあその練習で言ったのを言ってごらん。」
 
『図工で作った作品の紹介をします。
 
愛情をこめて作ったら
 
イメージ思い通りのものになりました。
 
工夫したのは舟です。
 
家を作れなかったから舟をつくりました。
 
目は‥」
 
 
ストーップ!!!
 
 
ちょっとって

ちょっと待って

ーさーん


あのあと30分かけて書き直しして
 
 
覚えなおしたものが、
 
 
全くなかったことになってるけど???
 
 
 
「あのさぁ、ゆきちゃん。
 
あんた、も一回聞くけど
 
 
家が作りたかったのにつくれなくて仕方なく舟を作ったの?
 
 
一番訴えたいのはそのこと?」
 
「いや、忍者。」
 
「じゃあなんで忍者の説明しないの?」
 
「あのね、このままだとあんたのせっかく作ったものは
みんなに
家をつくれなくて仕方なく作った』って思われるよ。
何も説明せんで
作品だけ
みてもらったほうが
ずっとマシ。 
 
自分自分作品おとしめる説明だ
ママは思う。
 
あんたは
忍者やくらげを作った時、
家に帰ってママに
そりゃ楽しそうに
話してくれた。
 
それをみんなの前で
そのまま言えばいいんだよ。
 
みてみて!
くらげはね、こうやって作ったよ。
 
忍者はこんなイメージで
ここに苦労したけど
頑張ったよって。
 
舟だって本当にみてほしいとこ、あるんじゃないの?
 
なんでもっと堂々とアピールしないの?
 
あんたがそんなふうに言うことで、

作品ちゃんと見てもらえなくなるよ。
 
作品はしゃべれないんだから。
 
 
照れもあると思うけど謙遜はダメ。
 
 
わざわざそんな発表するならママは見に行かんよ。
 
 
いいもん作れたっておもっとるなら堂々と自慢しなさいよ。」
 
 
気になったので先生にも電話で話を聞いてみました。
 
先生がいうには、
 
「あれは覚え書きのようなもので、
 
書いた通りに言わなくても別にいいんですよ。
 
ゆきくんは
 
練習のたびに全然いうことが違ってて、
 
初日は忍者のことを詳しく説明してたかな。
 
昨日はくらげの説明をしてましたね。
 
今日は舟の台のことをいってました。
 
きっとたくさん思いが余ってて書ききれないんでしょうね。
 
発表会ではその思いの余ったところを
 
聞いてあげてください」
 
 
とのことでした。
 
非の打ち所がない回答なんだけど、
 
なんか、どことなくテキトーな感じ‥
 
 
まぁ担任の先生からしたら
 
 
ある程度形になってれば
 
 
 
全体の発表会に支障はないわけだもんね。
 
 
しかし、息子は私と話した後
 
 
ようやく何かひらめいたみたい。
 
「わかったっ!!」
 
 
と叫び、自分で文章を練り始めました。
 
 
《できるようになった発表会  当日編に続く》
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

う~ん・・・

前々日・・・のことから、読ませていただきましたよ。

練習の度に言うことが違う・・・。
それは、想いがいっぱいだから・・・。

・・・なんか、違うと思います。
作品に対する想いがいっぱいなら、それをきちんと発表できるように練習させなくちゃ・・・先生 (;´Д`A ```

・・・と私は思いますよ。
モカモコモコさんのおっしゃる通り、せっかくの作品が・・・になっちゃいます。

発表するときは、原稿って大事ですよね。
覚え書きではダメですよ・・・先生 (;´Д`A ```
しかも、ゆきちゃん・・・1年生ですよね???
尚更のことです。

発表原稿を書く段階、いちばん手をかけて見守ってあげるところですね・・・私なら。
あとは、子どもたちって、すぐに覚えますから・・・。
やっぱり「これをしっかり伝えよう」という「確かなもの」がないから、練習の度に言うことが違ったり、伝えたいことがブレたりするんですよね。
モカモコモコさんも、はがゆいお気持ちだったのでしょうね・・・。

でも、ひらめいたのですね・・・ゆきちゃん。
続きを楽しみにしてもいいのでしょうか・・・。

それにしても、ゆきちゃんの発想力って、素敵ですね!!
是非、ゆきちゃんの作品を見てみたいです。

ひまわりさんへ

そうですよね〜!
なんか、言い訳のうまい先生で、私はうーんとついつい考えこんでしまいます。
いくら自主性を尊重するっていっても、まだ二年生です。もともと口の達者な女の子とかならまだしも、うちみたいにおっとりした男の子の場合は、もう少し手助けしてその子の力を引き出すような努力をしてほしいと思いますねぇ。
せめて、主語や目的語が抜けてるとこくらいはきちんと指摘するくらいのことをする。
これは作文指導では基本中の基本だと思うんですけどねぇ。
プロフィール

モカモコモコ

Author:モカモコモコ
はじめまして!
小1の長男、六月で三歳になった次男、二人の息子の子育て日記です。毎日ガミガミいってるけど、そんな私が子育てを通して感じたこと、ほっこりしたことを主に書いています。
小さな幸せを大事に大事に積み重ねていきたいなあ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1443位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
576位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。